読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A.Banana.S

古代ローマ、ナックス兄さん、ドートマンダー・・・好きなことをぽつぽつと。

ある手紙の話。

 

さてさて、幸せなニュースが続き、すっかり日が空いてしまいましたが、このたびは一つ、私に起こった奇跡の話を書かせていただきます。

 

…実のところ、その現物をさっきまで探していました(苦笑)。大事にしまいすぎてどこにしまったかわからなくなるという(汗)

…そのわりには、おいおいなんでそんな――というところから出てきました。危うく夢まぼろしになるところでした。ゴールデンウイークは大掃除だな…。

 

 

もう十数年も前の、夢のような、信じられない、今日の日まで私の中だけにとどめていた、奇跡。

 

このブログでも何度か書いています、ドートマンダー・シリーズやパーカー・シリーズ。

 

その著者である、ドナルド・E・ウエストレイク氏に、私はつたない英語で、ファンレターを書き送ったことがありました。

 

ある日、届いたのです。そのお返事が!

 

しかし、奇跡はそれだけではありませんでした。

 

今と同じで、一度書きはじめたらやたら長くなってしまう我が文章。ウエストレイク氏は、その長くつたない手紙の中の、最も読んでいただきたかったところへまさに、まさに最も望んでいた、夢のようなお言葉をくださいました。

 

以下、原文です。

 

“What if Kelp were in trouble, what would Dortmunder do? That’s a good subject; thank you.  I’ll think about it.”

 

(もしもケルプが困った状況に陥ったら、ドートマンダーはどうするか、だって? 良いテーマだ、ありがとう。考えてみるよ)

 

 

考えてみるよ。

 

氏は、そうおっしゃいました。(Mr. Westlake said so to me in his letter.)

 

この手紙をいただいた数年後、ウエストレイク氏は亡くなりました。 (And passed away a few years later,)

 

メキシコ旅行中、突然のことでした。(In his travel in Mexico,)

 

ですから、「考えてみるよ」の結果はわからないまま。(So I don’t know his answer.)

 

でも、いい。それでもいい。一愛読者である私の、最も訊きたかった質問を、最も読んでみたかった小説を、氏は考えてくれていた。それがわかっている。(Yet, I do know HE THOUGHT IT; the story I want the most and a lot of his fans must be crazy to read.)

 

ウエストレイク氏がこの展開を考えていらっしゃったことは、無知と自意識過剰を承知で申しますが、今日まで世界で私ただ一人でございました。 (I believe until today I was the only one who knew this plot.)

 

一生の、宝物です。(This is my life-time treasure.)

 

それを今こうして書かせていただくのは、morittoさんから奇跡をいただいたことももちろんありますが、私自身がさらなる奇跡を求めているからかもしれません。(And now I do hope more miracles.)

 

私は、ずっと待っています。(I have been waiting――)

 

この物語が書かれることを。(For someone’s writing this story; Dortmunder’s.)

 

だれか、だれか、お願いです。書いてくださいませんか。(Someone,please, please, write it!)

 

 

私もど素人ながら、物書きです。夢をみたことがないわけがありません。

けれども私は日本人です。(I wish I could. However, I myself am an amateur and Japanese.)

それに、たとえNYに何年か住んで、なじんで、知識や習慣を身につけたとしても、どうあっても厳しいでしょう。そんな甘いものではないでしょう。

英語力の問題もある。

著作権の問題もある。(I know we cannot have the copyright.)

 

でも、氏がこの展開を考えてくれていたことは、私しか知らないのです。(Yet only I know Mr. Westlake thought this plot.)

 

今日までは。(Until today.)

 

(Please……)

 

 

同じような夢を実現した方を、私は一人存じ上げています。作家の森瑤子氏(1940‐1993)です。

 

マーガレット・ミッチェル著『風と共に去りぬ』を、だれよりも愛していた森氏。その公式続編『スカーレット』(アレクサンドラ・リプリー著)の翻訳を手がけながら、そこで氏は、翻訳ではなく、まぎれもない創作を仕上げました。

訳者としての是非はともあれ、森氏は長年の悲願をかなえました。彼女のスカーレット・オハラとその物語を、外国人でありながら書くことができました。

 

羨望と、尊敬と。

 

 

言うまでもなく、私は森氏の足下にも及ばない。

 

でも、ウエストレイク氏に手紙を書き、あの言葉を受け取ったのは、私だ。

 

こうなってはもう、私が夢を見続けるか、だれかが書いてくださるかだ。

 

奇跡を起こすか、奇跡が起こるか。

 

いずれにせよ、もう出してしまいましたからね。

 

分かち合えますように、奇跡!

 

 

……読んでみたくないですか、いつもと逆パターンのドートマンダー・シリーズ。なぜかケルプのほうが不運に見舞われてピンチになったら、果たしてドートマンダーはどうするのか?――なんて。

 

 

 

 

うれしすぎて震えてどうしたらいいかわかんない・・・!

 

音尾さん!!!!!

 

お父さん!!!!!

 

そして奥さま!!!!!

 

おめでとうございますーーーーーっっっ!!!!!!!!!!

 

 

全身震えが止まらない、文字を打つの難しい、そもそも言葉にできない、どうしていいかわからない、どうしたらいいのこの歓喜!!! 感激!!! 幸せ!!!

 

うわあああああああああんんっっっ!!!

 

どうしたらいい!? どうお祝いしたらいい!!??

いやもうこの瞬間も明日も明後日もその先もご家族三人でお元気でお幸せに過ごしてくださればもうそれでだけで。

 

何度でも何度でも申し上げさせてください!!! 

 

おめでとうございます!!!!!!!!!!

 

さあ、お祝いじゃあーーーーーーーーーーっっっ!!!

 

 

明日も明後日もその先も、当分浮かれてにこにこしていること確定の、一ファンでございます。祝!!!

 

 

 

やっぱり日付は変わってしまいましたが。。。

44歳に、幸せ(4.4)が倍になるということでご容赦を。

 

大泉さん、お誕生日おめでとうございます!!!

 

とうとううち地方でもリーダーズの放送が・・・!

 

休む間もないであろう多忙な日々の中、いつも楽しませてくださり、感謝、すばらしいお仕事を、感謝、でございます!

 

このごろはただただもう尊敬、敬愛の念に尽きます。

 

一ファンとして、毎日どこかで大泉さんを拝見する年を、これからも続けていく。その楽しみ、幸せ、かみしめます。

 

お体ご自愛くださることを、遠くから、ときどきもしかしたら近くから、願っております。

 

 

 

さあ、観るぞ~♪ (←寝なさい)

 

御礼。そして御礼、お出かけの話。

まず、こちらからで本当に恐縮ですが、morittoさん、ありがとうございます!!!

 

そうですね。「ええこと貯金」いっぱいいっぱいたまってきていますよね!

 

あきらめず、訓練します!

 

morittoさんに取り上げていただいた今、これでいい、本当にうまくいく、そう信じられます。信じます!

 

…先日、某所でおみくじを引いたら、去年とまったく同じ文面を見てしまいましたが(^_^;)、(波乱あり。もう少し耐えなさい、そのうち…的な)くじけません。実際、良いことが起こっています。

 

……いや、結局またふりだしに戻ってしまうのか…? いやいやいや、そんなこと考えてはいけない。修正! 修正! 

 

良いものを出すようにします。

 

動け、現実!

 

 

 

……と、あらためて、パワーをいただいた次第です。

 

 

 

Catching good! Sending good! と兄さん方の歌にもありますからね。

 

 

それで、次の記事で、自分にさらに気合いを入れるためにも、昔の話ですが、私の身に起こった人生最大の奇跡を書かせていただきます。私が引き寄せた、おそらくこの世に唯一の、本物の奇跡。

 

 

ですがですが、その前に、今年二度目の旅報告を。

 

 

『死の舞踏』行ってまいりました~!! 

 

しかもしかもっ、初めてCUEファン同志の方とご一緒しました!!!

 

いやあ、楽しかった! 信じられないくらい楽しかった!!!(感涙)

 

話して、観て、笑って、歌って。

 

ああ、遊んだぞーっ!という、幸福感。

味わって気づきました。もうだいぶ長いあいだ、そんな経験から遠ざかっていました。

 

感謝!! 多謝でございます!!! m(__)m

 

 

 

音尾さん、千秋楽お疲れさまでございました。このたびもかっこよかったです。

 

最前列ではありませんでしたが、最前列のような距離感で観劇できました。

 

舞台を挟むという、初めての経験。そして幕がないわけですね。

 

だから幕が上がって、という表現が正確でなくなってしまうのですが、始まりの光が差し込んでくるシーンが、まず美しくて、澄んでいながらもどこかけだるげで、さっそく魅了されました。

 

そしてくり広げられる夫婦の闘い。そこに踏み込んでしまったタクルト。

 

公演時間が短く体感されました。

 

もちろん、明確なネタバレは避けるつもりですが(念のため、ご注意を)、

 

 

いい歳になって、結婚できない、そもそもつき合えていない女ですが、結婚という言葉を意識すると、夫婦とは……と考えさせられました。

孤独なようで、果たして孤独なのか。

むしろ――

だれよりも憎んで、でもだれよりも理解して……

そして、それができなかったクルトの、やるせない孤独。

 

エドガーの狂気。陰湿さと、ひねくれた優しさ。

アリスの美貌(スタイル良すぎですって!)、見る者を狂わせるほどの、色。

クルトの生真面目さ、負い目、激情、そしてそして――

 

……今年のオトサマ、大変なことになっておりませんか!? 色気が!! 露出度的にはスルースのときのほうが高かったですけれども、もう、ロマンポルノ以来、その発散される熱に当てられております。

どきどき、ぞくぞくいたしました。それは、どこまでいくのか、そして、これからもまたこのような、あるいはこれをもしのぐ色と熱を見せてくださることになるのではないかという、予感でした。

これが、私を去年の暮れに降参せしめた、魅力の一面。はまったら最後、離れられない。

 

終演後、客席へ向かって一礼されたお顔は、かなり険しめで。

その役でいらっしゃることを感じました。

 

現在、早くもオトサマロスです。お、お会いしたい…。見たい…。は、早く、早く、次の供給を…………!

と、中毒症状が出ております(せっかちすぎ)。 

 

 

このうえもなく満ち足りた一日でございました。

 

 

…名残惜しくてなりませんが、現実に帰って、動かすよう、また努めます。

 

 

 

 

日付が変わってしまうことはわかっていただろう?

だからファンメを送りつけた段階でここも書いておけとあれほど・・・・・・。

 

 

はい。つまりは、もちろん――

 

 

音尾さん、ハッピーバースデイでございます!!!

 

 

40歳を境に若返りがはじまったともっぱらの噂のタクちゃん! それでも『無限の住人』は「祖父」役で、ヴィジュアルの迫力がすでに半端ないオトサマ(絶対最強の奥義とか持ってそう……)! 

 

41の年も大好きです!!

 

無限の住人』はツイッターで知らされていましたけれども、それにしても今年の3・21はうれしい画像や情報が次々と、こちらがバースデープレゼントをいただいたような心境でございます。

 

来週はいよいよ『死の舞踏』行くぜ・・・! 言葉のボクシング!? 舞台を挟むように客席が!? ・・・待ち受けているのはなにか、楽しみでしかたありません。

 

 

本当に今日は(と言い張ります)、音尾さんハピバ画像あふれ、風船も飛んで、ニュースも出て、そのうえライブビューイングまで発表になり、こちらが幸せいっぱいな一日でございました。

・・・最後、まだチケットが当たったわけでもないですけれども、それでも5月まで生きる糧を頂戴しました。

仕事? 休みをもらいますが、なにか?(いや、すみません。代わりにいつもの休日に出勤させていただく方向で・・・汗)

 

もうすぐ特典DVD付き会報誌も来るし。

 

それから先日、ついに我が辺境でも、兄さんがた5人出演のNintendo switchCMが流れました。あまりに不意打ちだったので、思わず食事中に奇声を発し、家族をびっくりさせてしまいました(笑) 『鉄腕DASH』のときでしたね。

 

ありがたや(感涙)

 

無限の住人』、いよいよ観に行きたい。北海道で、SMAPのライブに出かけた音尾さんが、木村さんからイジられたエピソードから、二桁の年月は流れたはず。スマスマで対面を果たし、とうとうかの方主演の映画に重要人物として出演・・・!

大丈夫です。次は共演かないます。香取さんとも共演を果たしたのですから。

 

お願いしますっ・・・!

 

 

現在、『嘘の戦争』ロスを感じつつも、『嫌われる勇気』怒涛の一気観中。

つくづくシゲさんがハンサムでひときわ輝きを放っているように見えてまいっています。

 

『不便な便利屋』もようやく視聴かない、さらにもうすぐ『リーダーズ2』かぁ・・・(注:T・B・S!が観られない辺境住まい)。

 

ところで大泉さん、藤尾さんが来年のジャンボリーでソロ曲ゲットということは、来年もまた総合プロデューサー確定・・・!?

 

おそらく毎年少なからず総合プロデューサー級に携わっておられるのでしょう。いずれにせよ、絶対の信頼で待ち遠しく思っております。

 

このごろの肉体美にノックアウトされまくりで、どうしたらいいっすか!?

 

 

やはり兄さんがたは、わたくしどもの生きがいでございます。

 

 

さてさて、後は『BONES』シーズン11の最終話観ましたよ、という話ですが(念のため、以下閲覧注意を)、

 

 

 

やってくれましたな!! ついに!!

 

とうとうカードを切ってきましたな!!

 

ファイナルシーズンという言葉が、初めて浮かびました。

 

それにしても長かった・・・! 結婚して子どもが二人もできるまでになっちゃったよ、ドクターBは! 

そしたら、なんともならないどころの話ではなくなっていた。

 

スイーツがああなった以上、どうすんのかと思っていましたが・・・、マジでどないすんねん、放置しすぎたんとちゃうか!?・・・な事態に。

 

このまま半年余りおあずけなんて・・・! でもいつもより後味悪さはありません。むしろ非常に楽しみ。

 

でも来シーズンでまたドラマトラウマをくらうのかな・・・。

 

 

 

あと20年か。

2000年目のお墓参り再びまで。

できるだけのことをして、生きましょう。

かなうとしたら、それは大変恵まれた、50
代ですね。

まだ寒いよ~!の近況や『BONES』感想。

今月に入ってでしたか・・・ある日、学習塾のエラい人が、なぜか私の夢に登場されました。

それに続けて、もリーダーとなぜか野菜を買いに行く展開となりました。

 

目覚めたら、リーダーが学習塾のCMに起用されたニュースが飛び込んでまいりました。

 

 

。。。。(゜ロ゜)

 

 

アルンデスネ、コンナコト。

 

リーダーにオンライン授業していただく夢を見る日も近いかもしれません。

 

うれしっ!!!

 

それから昨日、安田さん帰途のつぶやきに、思わず「やったぁ!!」と独り言てしまいました。

なんだ、だからってお会いできるわけでもないけど、やっぱり元気で日本にいてほしいんですな。当たり前だけど。海外のお仕事も楽しみだけど。

『嘘の戦争』今週で最終回ですかぁ。わくわくっ! 楽しみ!

 

・・・いや、嘘です。さっき録画したのを無事視聴し終えました(笑)

 

あの目!! あの悪い笑み!! 晃兄さんのくせにっ!!(笑)

 

と、とりあえず、感想は今書かないことにしますが、最高でございました!! 観ていてよかった!!

 

あ~、後でもう一回観よっ!

 

 

もうちょっと待たないといけないけど、『死の舞踏』も楽しみ! 今最も明確な生きる理由!! オトサマ~vVvV

 

あとは『おにぎり~』を毎週の楽しみに。

シゲさんが最近の出来事とか、世の中へ物申すこととかを、熱心に話しているあいだ、洋さんの(・・・どう面白いこと言ってやろう)と考えながら、きっとものすごく頭をまわして、聞きに徹しているときの無表情が好きです。

次になにをおっしゃるか・・・!?(*^ ^*)

 

『おにぎり~』では、シゲさんがボケると言いますか(たぶんほぼ意図的でなく)、イジられると言いますか、やっつけられる側になることが多い気がしますが、

ナックスさん5人でいるときは、突っ込みばかりかフォローも欠かさない。そこにまた惚れます。

シャキッとキリッとのイメージがあるシゲさんですが、5人そろっているときがいちばんやわらかい表情をしていらっしゃるなあと、このごろ思ったり。

 

と、相変わらず兄さんがたを愛しがっております。

 

 

 さて、次はただの私事で、この日・月曜ですが、久々の超絶鬱の闇が来て、独り散々な眠れない一夜を過ごしました(苦笑)しかし後でしっかり眠って仕事行ったら、だいぶ収まりました。

食って寝てればなんとかなるんですね。引きこもり時代は毎日泣いていたものですが、このごろは泣きたくても泣けなくなりました。自分のことでは。

一方、ドラマを観るときなんかは、自分でも驚くほどあっさり泣くようになりました(笑) たまたま一話だけ観たドラマのベッタベタな展開に、あっさり陥落とか、ね。

でも某サイト様で、「感情的なときはなにもするな」とあるのを見たことがあるので、しばし大人しくしていようと思います。・・・ってこうして記事書いているわけですが(笑)

感情的だからこそ、なにかせずにいられなくなるんだよなぁ。わかっちゃいるけどそれでなんど失敗したことか(笑)。空回りして、馬鹿やってきたことか(笑)

このたびは主に、自分が腹立つレベルのお人好し(笑)をくり返す→勝手に疲弊する&被害者意識全開という負のループに、自分が嫌になりつくしました(笑)

冷静になりたい(^_^;) 

無理するなって、言ってもらったのに、無理してみないと無理ってこともわからないってことですかねえ。だって取り組み中は自覚ないですから。これでいいって、もうちょっとできるって、思っていたんだもの。

少し頭を冷やそう。

・・・しかし機嫌良くお人好しでいるほうがおおむね良いことがあるんだけど、そして無論周りの反応も違うんだけど、これは偽善・・・!? 自己欺瞞!? それともただの気分屋!?(笑)

 

・・・変えたほうがいいかもな、いいかげん。

 

 

さてさて、今季もうひとつ楽しみにしているのが、海外ドラマ『BONES  シーズン11』 いつかも書いたかもしれませんが、シーズン1から欠かさず観ております。

 

以下、ちょっと内容に触れます。ご注意。

 

主にシーズン最終話に爆弾を落とされるか、あるいは大変後味の悪い引きずり方をされ、ドラマメンタルが鍛えらえまくります。主要キャラクターの身になにが起こるか、毎回油断できません。シーズン初めや途中でも、あんなことやこんなことがあり、何度も心折れそうになりますが、それでも観続けております。それがなぜなのか、このごろ気づきました。

パートナーシップが魅力的なんですよね。

今更。いや、私などがこうしてあらためて言うまでもなく、物語はボーンズとブースのパートナーシップが主軸となっているんですけれどもね。

この二人もさることながら、素敵なカップルが次々と。

 

比較的平穏な今シーズン、試練を迎えたホッジンズとアンジェラ。別れを蹴散らすアンジェラ、最高でした。勇気をもらえます。ホッジンズの演技も感服するばかり。絶望の底にいるときの、シーズン初期を思わせる酷薄さ、鋭さ、そしてやはりラボのキングに戻ったときの、あのキラキラした目。満ちあふれる輝き。その陽気さが本来の彼だけどその裏にはまだ――という感じが絶妙です。

 

カムとアラスト。私は何度も「アラスト死ぬんじゃねぇか?」とびくびくしながらシーズンを乗り越えてきたのですが、良い男すぎて本当にカムがうらやましい。あんなセクシーかつ有能でロマンティストで思いやりのある男に愛の詩を詠まれてうらやましい。そしてカムってばなんであんなにスタイルが良いんですか、うらやましい。

 

オーブリーとジェシカ。前シーズンと比べてなんかやたらハンサムになった気がするオーブリー。今後はもうブースを食う勢いで活躍しそうなオーブリー。今シーズンあんなことがあったのに、なんでキミだけピンピンしてるんだオーブリー(笑) いや、もう、普通にかっこいい。馴染んだどころか、ずっと見ていたい。ジェシカとのキスシーン、狙いすぎかもしれないけれど、良かった。

 

、、、なーんて、語りだしたらきりがない感じです。(ボーンズのモンペぶり→話の終わりにはなぜか素敵な母親に変わる、とか(笑))

 

それも今シーズンが今のところ比較的穏やかだからか、前シーズンは初っ端から大爆弾を落とされましたもんね、、、。

 

このあいだ、ザックのこともナイジェルマリー君のことも、忘れられていなかったことがわかり、心なぐさめられました。そう、人物を一人一人大切にする。名作に不可欠。

それにしてもザックはもうなんともならないんですか、、、?

 

男女のパートナーシップで最上級に好きなのが、『BONES』シリーズにこれでもかと詰め込まれていて、それが長年目が離せない理由です。

 

今週末がシーズン最終話でしたっけ? ま、またなにか落とされるのかな、おっそろしいのが・・・(ガクブル)

 

 

男女パートナー、日本の作品では、『シティーハンター』のリョウと香が、未だ自分史上ゆらぎません(リョウちゃん漢字変換が、、、汗)。

 

 

それにしてもどんなヒロインが魅力的なんだろう、と考えるこのごろです。

 

昔、先輩がおっしゃってたんですよね。「登場人物が男だけでも面白い作品はできるけれど、女だけではできない」と。

それが悔しくもあり、けれども難しいのもよくわかり。

いや、あると思いますけれどもね、もちろん。ただ、難しい。

男性に見てもらうのも難しいでしょうね。いや、若い女の子ばかり登場とかなら話は別!?

 

そのうちなにか、つらつらと書いてみようかな・・・。