A.Banana.S

古代ローマ、NACSさん、ドートマンダー・・・好きなことをぽつぽつと。

もう晩夏ですかね…(ゲッソリ)(でもウキウキ)

ご無沙汰気味にしております。このごろは仕事、それから野球チェック、ときどき次作のための調べもの、という日々を過ごしております。

……優先順位はそれでいいのか。

ともかく、なんでこうなったのか自分でもよくわからないのですが、もう弁明の余地もなくライオンズファンと化してしまったので、日々一喜一憂するという、新しい楽しみを得ております。

とりあえず、プロ野球ニュースを、見られない日も録画しておくレベル。

もう、休みの日に私がテレビ中継を見ていても、家族になにも言わなくなりました。それどころか、つられて選手の方々を覚えつつあります。それで、チームが負けると、なぜか私がからかわれます。

いい年をしてつくづくお前ってやつは……という感じでしょうが、この年でも新しい楽しみを開拓できるのですね。

来月は、ついに念願の初メラドですぜ、ふっふっふっ…。もうチケット取りましたぜ。

だれかに連れていってもらったことはあるのですが、自主的にプロ野球観戦に行くのは人生初です。明確な贔屓球団ができたゆえに。果たして現地でなにが待ち受けているのか、楽しみでなりません。

 

……とまぁ、この調子で次の小説の準備ははかどるかというと、あやしいのですが、どんなに遅くとも書き始める日、というのを決めまして、それまでに調べもの&ネタ出しに励みます。

実のところ、焦ってはいます。だってまだ1行も書いていない。2作目のときは、なぜかウエブ上にアップロードした段階で、2作目が80ページほど書き出されていたという、あいまいな記憶が……。それからがまた恐ろしく長かったんですが。

 

そしてそしてっ、拝読したい作品がたくさんあるんですよぉ~! 同志様の!! 感想もお送りできたらなぁ……。

 

あと、推敲することにしたやつも、本腰を入れねば。

 

仕事以外、引きこもりがちに過ごしてきた2019年ではありますが、気がつけば、まさか、まさかの出来事が色々起こっております。

 

①あのバズーカ運転手事件

②ライオンズにどハマり事件

 

ほかにもまだまだ…。

 

秋はもっと出歩く時間になりそうです。

 

……しかし長い引きこもりがち生活のために、すっかり体力が落ちました。これまでにもまして疲れやすくなりました。仕事終わりには、ただぐったりです。いいかげん、体力づくりをせねば。

6・7月に散々見舞われた、たぶん眼精疲労からの頭痛は、今月は現在までほんの1度だけにして、回避しております。目を労わるって大事ですな。全部にきますもん。

 

もう少し無理の効く身体になりたいものです。

 

ああ、あと、少し前に「旅に出たくなる」と書いた件ですが、言語学習を始めてもいないのに、ちょっと調べただけで行きたい場所が次から次へと増えてきて、しばし落ち着いて現実を再考したほうが良さそうな雲行きです。ただでさえ無謀だった計画に、どんどん足し増しされていくという、ザ・ドリーム・トリップ。

 

……フランスって、国土が日本の1.5倍ってマジですか…(おい)

 

 

 

 

 

 

僭越ながらわたくしめも、あな番考察を。

バカ推理、というか単なる直感なので、あとで赤っ恥確定ですが、閲覧はくれぐれもご注意ください。

 

 

犯人は、、、黒幕は、、、マンション住人で今のところない人ではないか、とずっと思っています。

だれがだれのカードを引いたとか、詳しいことはわかっていない私ですが、細かいところはさておいて、私のダメ直感です。

特別編の、最後の激烈に怖いラストがそれを示唆しているのでは。

なぜ犯人は翔太にこだわるの?  いじめるの?  犯行がばれる恐れのために、殺さなきゃいけないのは、神谷よりむしろ翔太。神谷の所持品を奪ったのなら、拷問する意味もない。ただゲームをまだ長引かせて楽しみたいだけ。

でなければ、翔太を殺すべき。

それをしないのは、翔太(とナナちゃん)に執着し、虐めて苦しめてやろうと考えている、あるいは翔太を自分のものにしたがっている。

 

ななちゃんを装ったPC上のメッセージは、たとえばあのベランダでのラブラブトークを盗聴するか、左右上下の部屋で、盗み聞きでもしないと書けない。

そもそもなぜ犯人は、翔太に挑戦状を見せつけた? だれより翔太に強い興味があるからとしか思えないんですが。

 

あっさりどーやん側行った尾野ちゃん、黒島ちゃんも怪しすぎで逆にミスリードな気がする。

 

ほかに翔太に異様な興味を持ちそうな人物は? 

その人物は、たぶん翔太とななの馴れ初めも、いかに翔太がななを愛していて、そうでなくとも目立って惹きつける人物であるのをよく知っている。翔太の稀有な魅力を知っている。ずっと見てきたから。

 

そうであろう人物は、私には一人しか思いつきません。さりげなく、でもほぼ毎日、顔を合わせていて、いつも好意的に接してくれる、あの子。

 

だったらどうしようと、何週間も考えております。

 

当たらないだろうけど、当たったらちょっと家族にでも自慢してやります笑

気は済んだのではなかったか?

それよりもまず、マミさん退社&「おにぎり~」卒業のニュースが衝撃でございました……。

「おにぎり」卒業……。そんな日が来るとは思ってもみず……。

しかし、たぶんまもなく、マミさんの新しい活躍の場を拝見するときが来そうな気がしております。なにかが、きっとなにかが始まる……。

今はまず、一ファンとして、マミさん、お疲れさまでございました。これからも応援しております!

 

 

さてさて、

 

月末、すべり込み図書館に行きまして、貸出上限の冊数で借りてきました(読めるのか、おい)。これで次作に切り替える準備は整った……!

 

のですが……。

 

5月に、『妄想集』を上げた後、「気は済んだ」「さあ、次に行く」などと書いておきながら、結局上手く切り替えができず、どこにも公開しない予定で、さらに書き続けておりました。

 

内容は、四本目の『哀歌』、その前と後。

まだ推敲していませんが、全117ページ、約128,000字。

 

……二ヶ月で。我ながら、ちょっと引く(笑)

 

『哀歌』と合算で、文庫本1冊分ですってよ……。

 

中身は、『哀歌』ほど重くありません。むしろ、お笑い路線?(えっ)

 

これぞ、蛇足オブ蛇足。

非公開予定のため、これまでにもまして細部がいいかげんで、展開とか構成とか適当で、まあ、書きたいものを全部詰め込んだらいいや、と、ただひたすら書き続けました。

それが7月になって、書き終わりました。

ヤマなしオチなし、どうすんの、これ…と思いながら、書いていたものですが、思いのほか、落ち着くところに落ち着きました。

まあ、非公開のつもりだったので、自分に甘々で書いたし…。

 

しかしそうなると、ちょっと欲も出てきてしまい、もしも今後推敲が済むことがあったら、また投下しようか、と考え始めました。ピクブラ様か、あるいは鍵付きの他所様に。

単純に自己満足用だったので、当初は推敲する気すらなかったものですが…、甘々視点で見ると、まあ、いいんじゃないかい、などと思ってしまうのが、恐ろしい。

 

…ただ、もうやりたい放題なので、『哀歌』を崩すことになりやしないか、と。

いや、そもそもの世界観も崩してしまってやしないか、と。(こういうジャンルに手を出した時点で、はい、わかってはおります…)

 

……ま、まあ、主人公が違えば世界も変わりますよねっ。(言い分け)

 

『哀歌』を書いていたときは、二次でもオリジナルでも、こんな口の悪いオヤジ視点書いたことねぇ!と思っていましたが(ごめんね、トム!)、

より最近のやつは、ええ、あの男視点がメインです。

それで成立するの…?とか思っておりました。大変失礼な話。

……でも許す気はないから(怒)

 

 

タイトルは、

『アフターワールド~N・D最後の日々~(仮)』

 

 

ああ、イニシャルはそのうちちゃんと書きますよ。(いい笑顔)

 

四部構成。

内容は、『哀歌』その後とその前、裏『Dirty Money』(イヤラシイ意味ではない)、黄金に関わるもう一つの仕事…等々。

 

現状、問題点は多々有り。

主人公のヒーロー性(だから…)

全方位に遠慮もないネタバレ。

「もはやただの仲良し軍団!?」「というか、弁明の余地もなくオッサンズ・ラブ!?」というセルフツッコミ。

他諸々。

 

それでも万一、今後推敲が終わった場合は、アップしようと思います。

 

……だって当分、ブログに投下する話が不足しそうで(おい)。

仕事の時期もありますが、次作のための下調べモードになったら、たぶん……。

 

手持ちは、この長すぎる蛇足と、あとは古いFEネタかな……(ノート引っ張り出すか、プレイ日記とか)。

野球の話は追っつかないし、ニワカど素人だし……。(ひとまず今は、三連勝でウッキウキ♪)

 

まあ、ともあれ、問題の『蛇足』もとい『アフターワールド(仮)』には詰め込むだけ詰め込んだので、質はさておき、もう二次で書くことは(当分は)ないので、今度こそ次に取りかかれるはず。

 

のんびりやります。

 

続・野球好き&『ザ・ファブル』

先週一週間、頭痛をはじめ、腹痛、胸痛、膝痛、歯痛諸々、謎の連続攻撃にやられておりました。今週は今のところ平穏。

私の場合、たいてい一晩寝れば治るのですが、加齢とともにたぶんそうもいかなくなってきましたわぁ…。

たぶん、原因の第一は目……目の疲労と思われ、久々に目薬を投入しました。仕事ほか、趣味・娯楽でもPCやスマホ画面の見過ぎ。眼鏡やコンタクトも合わなくなっているのかもしれない。

ほかにも月イチ恒例行事や寝不足、暑さ(部屋にエアコンがないので、起床とともに熱中症手前)が考えられますが、結局生活習慣の見直しが大事と考え、とりあえず目だけは労わる夏にしようと心に決め、様子見します。

 

ま、まあ…、なんやかんや半年で約300ページ(A4二段)書いたんだから(全部二次創作ごめんなさい)、そりゃ目にもきますわって話ですな。

 

妄想集(約170ページ)

自分用非公開ここ二ヶ月のもの(約120ページ)

 

もういいかげん気は済んだかな!!?? 少なくとも目を労わり、せめてもう少しだけまともな生活サイクルにしよう。

さもないと、また連日の頭痛だぞぅ…。

 

……などという話はさておき、

 

ところでこのところは、昨年にもまして野球好きになっております。もう連日フジテレビONEプロ野球ニュースをチェックするレベル。

火→十亀さんが7回無失点んんんっっ! 源田さんすばらし! 水→ケイスケ・ホンダさぁあああん! トノさんアップルパーーンチ! 金→金子さぁああああん! ぎゃああああっ! おかわり神様――――っ!!! おめでとうございますぅううううう!!!

 

上記ほぼすべての日:秋山さん! あなたが打たないと勝てないのよ! 山川さん! しんどいだろうけど、待ってるわよ! 森くん! 平井さん! 増田さん! 連日連夜本当にお疲れさまぁあああああああ!!!

 

……これはもう、ダメですね。完全に落ちましたね、沼に。

 

なんでこうなったんだ……(縁もゆかりもない)(いや、好きになったらそれが縁だ)

 

いや、セ・パ問わず、全チームに応援する選手がいるんですけどね、もう。

でもそれにしてもこの覚え具合、この片入れ具合は、もう認めるしかないでしょう。

 

……というわけで、今日からタグを作りました。

でもこういうのはリアルタイムでこそ…せめてその日の内でこそ、生きるので、のんびり更新の我が記事そのものはそんなに増えないのでしょう。

でも日々応援してる!

 

9月かな、9月は行こう。現地観戦に。

 

 

さてさて、それからそれから、、、

 

 

まさかの苦労の末に(※前記事より)、後日、映画『ザ・ファブル』無事鑑賞かないました!

原作を読んでいない人間ですが、大いに楽しんできました!

 

(多くはないですが、ネタバレ避けたい方は、以下閲覧注意!)

 

 

いやもう、なによりもまず、安田さん最高!!! 良い演技すぎる! 良い役すぎる! どうしよう! 満足感が半端ない! 観に行ってよかった!

これは顕さんファン必見でございました。 

 

そしてドラマ『嘘の戦争』のファンとしても、鑑賞中、つい違う妄想に走ってしまうというボーナスつき。(お兄様激怒案件)(けしからん!)

 

配役に一切妥協がないことが伝わる作品でした。

…って原作知らないやつが言うのもなんですが、

 

イケメン大正義福士さんの、まさかのその役どころ!

向井さんの役がまた新鮮で、ああ、いいなぁ…、ところでその肩が気になるわぁ…、と思い、

柳楽さん、顔力がすごいし、あのシーンどうやって撮ったのですか!?と思ったり(私は直虎→銀魂の流れ。土方よりトッシーの演技が乗っていらっしゃると楽しみ)、

ボス、すげぇ、やっぱすげぇ…、そしてちゃんとあたたかさが伝わる、と感じ、

同行の母は最後まで、岡田さんのヌードシーンに笑い続けました。(すみません、悪気はありません)

 

ストーリーは、映画版ということでしたら、スーパーマンに近い。主人公が強すぎる。殺さないとはつまり、殺さなくてすむほどの超人級の腕がある、という意味で、やってることは同じは同じ……。

 

ちょっと突き飛ばしただけであっさり死んでしまう、ミステリードラマの世界ではない。そのように狙えば、相手は死なない世界。

 

なんて思ってしまうのは、「殺したくないのに、殺してしまった」「殺さなきゃいけないのに、殺せなかった」という、別のエンタメを味わったときの皮肉を持ち込んでしまったからでしょう。それができたら苦労は――と。

 

すばらしい映像と、スーパーマン的活躍、痛快さ、裏社会の仁義とプロの筋……。

エンタメとして、素直に楽しむ。そうすれば非常に面白いし、原作も読みたくなります。

 

安田さんの役どころの人が、いちばんまっとうに見える。この人だけ、良い意味で「普通の人」。有能でも、超人ではない。表の常識と裏の常識のバランスが取れている。安田さんの役なのに(えっ)。理も情も解するから、どっち側の気持ちもわかる人。でもその背中の入れ墨を見たとき、ああ、この人もそういう覚悟のある人なんだ、と気づく。

 

こういう人が、ああいう世界を、それまでどのように生き延びて、そしてこれからどのように生き続けるのか、そのあたりにも大変引きつけられる作品でした。

 

それは継続中☆

肋間神経痛の次は後頭神経痛!?  カンベンしてくれねぇですかね!(どっちもまあ、たいしたことない程度)

原因!? 思い当たることしかないわ!(パソコン、スマホ、夜更かし封印案件)

ストレス? 映画館に行ったら超難易度の危険なラビリンスと化していた駐車場(満車)延々とまわった挙句、上映開始30分オーバーでずこずこあきらめて帰ってきたら、逆に痛みが引いたくらいだわぃ!

ストレスとはなんぞや!?

 

寝ます!

 

...........寝すぎ?  

 

寝ないと滑舌が悪くなることに気づいた、この数日。

 

 

やっぱり休みは平日に限りますわ。。

今日はラッキーデーだ、なぁ...!......?

以下、時系列はバラバラ。

 

①オクラさんに続き、ドクター・ホフマンも当選する。

 

②それら当選メールをうっかり完全削除してしまう。

 

③無事入金(予約番号諸々控えておいてよかったね)

 

④昼食を家に忘れて、コンビニで買う。

 

⑤結局食べる暇がないまま帰宅。

 

⑥夕食中、ベストに牛乳をこぼしてクリーニング行き。

 

⑦光成くん! こ゛う゛な゛ぐん゛!!??

 

⑧予定の仕事がなくなる。

 

⑨なのに残り仕事凡ミス、カミカミ、意味不明しゃべり、あわやの運転、等々、これ以上外に出ていてはヤバいと悟り、緊急帰宅。

 

⑩まだ今日は終わっていない、、、

 

 

いやあ、今日も良い一日でしたぁ!(息切れ中)

 

とくに、冬の遠征が決まったことが。たぶん母連れで。

 

すっかり香取さんと仲良くなられ、さらにマグロまで釣り上げておられるオトサマ!

 

ちょっと前の「おにぎり~』見るたび、河野さん!ひどい! ちゃんと仕事して! (笑)藤尾さんばっか描いていすぎやないですか! と半ば怒らずにいられなかった、そんなオクラさんの20thライブに初参戦!

 

楽しみ。

 

CUE活復帰したような気がする。

 

明日は、わたくしめがまともな時間に無事起床できれば、『ザ・ファブル』に行く予定。

 

 

さあ、夏を乗り切りましょうぜ!

 

旅に出たくなる。

さて、今度は下半期をどうするかについて考えて、書いておこうと思います。…いつぞやのように、また滑込土下座不得已になるかもしれませんが。

 

自分でもよくわかっていなかった、エネルギーを溜めていた理由。結局、「お前はどうしたいのか?」

 

半年余り引きこもりがちに過ごしておりましたが、ようやく自分の中で目途が立った気がします。頭の切り替えができたと言いますか、次のエネルギーのぶつけどころを見つけたと言いますか。

おそらく今月中(7月)に、色々と、今度こそ本当に「気が済む」のではないかと。

そして、いよいよやっと、本腰を入れていこうかと。第三回戦に。

真夏のうちは仕事が忙しい見通しなので、資料を読むことに専念し、早ければ秋口あたりから書き出す。そんなイメージでおります。

 

それで、順番が逆な気がするのですが、できれば…できればまた、久々に旅に出てみようかと企んでおります。

海外。まあ、例によって、一人旅でしょう。

時期は、いちばん最短かつ現実的であるのが、来年春。3月か4月。

行き先は、フランスとスペイン。

 

 

……無理じゃね?(笑)

 

 

しかし、そもそもこのブログの当初の目的も、旅行中の「生存確認」だったはず。(結局そのためには使わず)

 

で、なぜフランスとスペインか。

 

もちろん、書きたいもののためです。

 

 

実現すれば、人生四度目の海外です。

思えば、私という人間は、自他ともに認める「人恐怖」、臆病、慎重すぎて逃げる&引きこもる癖があるのに、4~5年に1度くらいのペースで、外国に出かけたくなる。で、実際に行ってしまう。

行くや否や毎回強烈なホームシックに襲われ、ホテルに引きこもり、それからおろおろびくびく歩きまわり、色々やらかす。

旅から帰ってきたときは、「もう当分いいや…」「14時間飛行機とか、あと無理…」ってなるのに、5年もすれば立ち直るわけですな。

 

最近気づいたのですが、酒もたばこもギャンブルもまったくやらない、ある意味では面白味のない人間の私が、「娯楽耐性」だけはないな、と。

つまり、ハマれば終わりまで型。

小説書いていたら、もう外が明るい。

本を一気読みし、もう外が明るい。

もう少し若い頃は、ゲームをしていたら、もう外が明るい。

…適度でやめることができない。必ず「楽しさ」の誘惑に負けてしまう…。

これでまあ、この年で独身フリーターなんだから、ある意味酒たばこギャンブルよりずっとタチが悪いって…(大汗)

話が逸れた気がしますが、海外の旅もしかり。超絶臆病者のくせに、スリルを求めているんじゃないかと思う。必死になって歩きまわることで、生きている実感を得ているのかもしれない。あれを見たい、ここに行きたい、そう考えて行動するときが、最も強烈に自分の欲望を感じる瞬間です。欲は、私のような人恐怖人間をも動かします。

だって見たいんだもの。待っていたって、だれも持ってきてはくれないもの。

そうやって歩いて、未知のものにたどりついた瞬間が、自分のなかでいつまでも鮮やかに残り続けるし、その後なにかをする糧にもなってきました。

うん、そろそろ次、行くべきだと思う。

 

ただ、問題が。(そりゃそうだ)

□お金

 これはまあ、しかたない。

□手段

 以前利用した個人旅行会社様が、もうない…。

□計画

 思いついたばかりで、現実を見ていない。

□言語

 フランス語、数年前に挫折済み。…あれは無理では……。

 スペイン語、大学時代に4年も勉強していたくせに、きれいさっぱり忘れ去る。

 

 

特に最後の項目がヤバい。間に合うのか…。

一応、英語があるにはありますが、ペラペラレベルではまったくないし、そもそも英語でなんとかなる場所に行くかわからないし…。

しかしスペイン語、せっかく勉強履歴があるのに、このまま使わず、現地にも行かずで本当にいいのか、という思いはあります。

 

旅行期間は、一週間くらいかなぁ…。

あまり欲張ってあっちもこっちもではなく、あくまで超個人的趣味に偏った場所限定で…。

 

でも、フランスで行きたい場所は決まっています。ルーブルと、あと一ヶ所。

スペインは、実ははっきりとした場所はない。ただ現地の「空気を吸いたい」「雰囲気をつかみたい」……たとえば、電車等に乗って、できるだけ広い範囲の景色を眺めてまわりたい。

本当にできることならば、レンタカーでドライブしたい…(無理すぎるわぁ!)

 

 

以上、たぶん夢。(笑)

 

……逃避したい現実があるわけではありません、たぶん。

ただ、現地の空気を吸ったほうが、良いものが書けるんじゃないかと、生意気なことを考えたまでです。

 

こうしてさらに五年後には、きっと「ドイツに行きたい!」「ライン川ドナウ川を見たい!」が始まり、

さらに五年後には「ロードス島!」と言いだし、

さらに五年後には「アメリカ横断! 東海岸縦断!」(えっ)(今すぐやりたいんだけど、やったらもう戻ってこられなくなるでしょう、DさんPさん沼から)――。

 

……そんなことをやっているあいだに、あっというまに2037年になってしまいますな!

最終ゴール(別名:締め切り)というものを忘れずに、そこを目指して走り続けたい所存です、ティベリ様。

 

 

画像は、本文にまったく関係ない、ここ五ヶ月ほどの私の主なおやつ。

 f:id:Anridd:20190706015359j:plain

この三製品ともを、まるで私が買いに行くのを知っているかのように、いつも並べてくださっている某所ローソンさん、いつもありがとうございます(はぁと)