A.Banana.S

古代ローマ、NACSさん、ドートマンダーにパーカー、西武ライオンズ・・・好きなことをぽつぽつと。

三作目下書き、書き上がる。そして仮題。

昨日どうにか頭から終わりまで書き終わりました。

古代ローマ小説、第三作目です。

いわゆる脱稿というやつでしょうか。

 

前日はわりと「ひゃっほーーうっ!」感があったのですが、終わってみたらやけに落ち着いている自分がおります。

手ごたえとしてどうだろうな……。面白い気もするが、よくわからんというのが正直なところ。高揚感はそこそこ。落ち込みはなし、これまでと比べてあーだこーだとか。

 

仕上げ次第かな。

 

下書きとはいえ、最後まで書き終わったということは、これから激しい推敲に入りはしますが、遅かれ早かれ公開できることになるでしょう。私が突然あの世に行くか、データがバックアップ込みで全部消えるかしないかぎりは。

 

下書き現状:

530ページ(二段組み)

約584,000字

 

よぉーーっし! 恐怖の一作目超え文字数は回避したZE☆(※恐怖の66万字)

60万字未満に抑えられたなら上出来だZEEI!!(無理矢理感)

これから推敲という名の加筆をしてはならないと自分に言い聞かせねば。

加えるのではない。原則、削れ。そぎ落とせ。

 

で、推敲終了後に60万字超えてたら、笑いますな。完成形として絶対ダメなパターン。

推敲のほかにも、二、三準備することがあるので、まだまだ手をゆるめてはいられない。むしろこれから本番。

 

いやぁ、第二作目の公開が2018年10月14日(……おいおい、三年前の今日やないですか!)

その時点でちょっとは構想があり、わりとすぐに調べものを始めたのですが、

 

脱線に次ぐ脱線をくり返し、一人とんでもないことになり(2019年)、

 →TODO-A - pixiv

翌年は、コロナ禍もありましたが、前年を引きずってほぼ放心状態で過ごし(2020年はなにをやってたんや、オマエは……)、

ようやく今年の三月から書き始められましたからなぁ。

 

 

完成&アップロードを年内にとは、おそらく相当厳しいと思われますが、推敲の見通しがつき次第、あれこれ公開していこうと思っています。

その間、古代ローマ関連のブログ記事をまとめたり再掲したり、新しいのも書けたらいいなぁと。

 

完成公開時期は、来年の早いうちに……年度末目標かな。

否、帝のご命日である16日を目途としましょう。その日に至るまで準備ができていなければ、「小説家になろう」様に、冒頭から強制公開の刑に処す、と(???)

 

今日は作品タイトル(仮題)を上げさせていただきます。

前の第二作目は、作品タイトルの人物が主人公なので、下書き段階では上げなかったんですが、今回はそうではないので。

 

 

古代ローマ小説第三作目

『世界の果てで、永遠の友に/古代ローマティベリウスの物語第三弾』

 

 

……推敲後にまったく違う話になっていたらウケるな。

 

時系列は、一作目→三作目→(20年ワープ)→二作目となります。

いや、たぶん、タイトルから想定される感じの話ではすでにない気もしておりますが、まぁ「仮題」だから。

二作目ほどツッコミ待ちの「冒頭から1章」とはならない、は、ず……。……ならない? 大丈夫!?(ふあん)

 

 

推敲後、

『大乱闘☆古代ローマバトルコロシアム~タイムスリップで目指せ、最強帝を下克上!~』

みたいになってたら、どうしますかね……(遠い目)

 

 

※※※

出来上がりそうなのは、以下に続く三作目です。

ティベリウス・ネロの虜囚』 (https://ncode.syosetu.com/n6930cz/) 
『ピュートドリスとティベリウス』(https://ncode.syosetu.com/n6661ez/

まさか……だよな?

最高のドラフトがあった今日(昨日)


先週の、エイ政様→ドラちゃんに続き、


ゼンラニウム→次元を見せつけられるとは、



この世界は攻めすぎている。



(いや-笑いすぎてお腹痛い。….ところでこの声は……だよな? だよな???)←キングダム影響


そんな中、わたくしめはたぶん明日あたりに書き上げます。


例の下書きをば。


七ヶ月強なら最短記録じゃないか? この文字数なら。

エンタメシーズン開幕!

いやぁ、日曜夜にエイ政様を拝んだあとに、月曜夜にドラルクが死ぬの見るとか最高やないですかーーっ!!

OPが余すところなくすばらしいんですけど、ドラちゃん大丈夫? そんな軽快テンポで踊ってるあいだに…………やっぱりかーーーーっっ!!!!

 

 

…………というか、え、

 

 

 

歌ってるの!?

 

 

 

大変だ! エイ政様がサイ死守の翌日にタップダンスを……!(混乱)

 

というか、ええ……

わたくしめ、十何年か前にとある作品に足を突っ込み、キャラソン購入に至ったことがあるのですが、あのときご自身の歌をちょっと自虐っておられませんでしたっけ?? 私はあのときが初めてでしたけど、すでになんですか、もしや相当言われてたんですか…とフクザツに思ったものですが……

 

 

十年の歳月とは恐ろしいですな!

 

 

(あきらめないで心に翼で限界を超えられるとはすばらしいことよ…)(※CM中)

 

(四テニ事件簿とか赤ヤカメとかぼくよくわかんないしもう復元不可だけど……楽しかったよ……ごめんね……)

 

 

知らないあいだに世界が進化していくのですが、リアタイできてうれしかったな♪

 

 

話を戻しますが、EDはこれ、毎週泣かせにくる作戦ということでおけ??

 

急がなくていい……20話くらい(2話放送だとして40話か)してからたっぷり本泣きしようZE☆

だって200話以上すでにあるのですからね♪♪ 100週放送すれば問題ナシ☆

 

 

 

 

ファーストワクチン。

f:id:Anridd:20211001232829j:plainところで前の記事書いた後で思ったんですが、仮にも素人で小説書いてるZE!である人間が書くべき文章か、これ……と(笑) 

 こいつの書く小説なんて(以下略

……まあ、いいか。


それでワクチン1回目PH社、受けてきました! その直前、大好きなアイスを久々にペロリ、最高ですね! 子供の頃から最愛のハワイアンブルー! 食べ終えると舌がびっくりするほど青くなる。だがすっごくおいしい! 幸せ!


肝心のワクチンですが、打たれたときはほぼ無痛。

自力で車運転して帰る。

6時間が過ぎた頃から、腕の痛み(筋肉痛に似た感じ。あるいはハチか、とてつもない蚊に刺されたような)

発熱せず。むしろ35℃台。

頭痛あり。薬を飲むレベルの一歩手前。

二日目の夜、目眩あり。ちょっとヤバいかな、と思う。

でも三日後にはほぼ全開。ややかすかに腕に違和感がなくもないが、元気。


個人的に総括すれば、大したことなかったと言える部類だったと思います。

2回目がこれよりひどくなるのはやだなぁ。


2回目は寝込む気満々なので、あらかじめポカリや食料ほか、ごろごろしながら読む漫画など用意しておきたい。


今ちょうどですね、キングダムにハマり出し、金田一少年の事件簿を改めて読み直すのが楽しいんですよ〜♪

キングダムは函谷関から呂不韋失脚まで読みました。

今、一周回ってテンちゃんを応援したい心境。



…………二回目ワクチンまで、書き終われるか、例の下書き。(現在約55万字)

劇場版観てきたほか日常(ネタバレたぶんなし)

第5章(の下書き)が終わりましたZE☆ 文字数のわりに(約65000字。十万字を切ったら短く済んだみたいなマイルールやめろYO☆)、苦労したし時間がかかりましたZE☆ いよいよファイナル(予定)の第6章に入りますZE☆ でも6章で3年分くらいぶっ込むから、ちゃんとまとまるかあやしいZE☆ もしかしたらまた二分割して7章が誕生するかもしれないZE(泣)

 

それにしても来月は、見たいアニメやらドラマやらが目白押しすぎてこれどーしたらいいんだって、今からビビッてますZE☆ ど田舎&諸事情で金欠ゆえ、全部リアタイは不可能。見逃し配信でさえ見られるかっていうと、たぶん厳しいNE☆ 

……いや、だから、そういう誘惑に懸命に抗い、10月中に次作(の下書き)を完成させるって見通しじゃなかったんKAAAI! 後で配信や円盤って手を、次作完成の独りご褒美ってことで取っておくことにして、まず書かないい加減あかんのやないKAAAI!? 下書きさえ出来上がれば、激しい推敲が待ち構えてはいるが、遅かれ早かれもう打ち上げられるだROOOU!?

 

……素敵な誘惑たちに勝てる気がしませんが、10月末上がり。でないといよいよ仕事がヤバくなって、時間が取れなくなるからNA☆

 

 

おおOH! それでところでですが、劇場版『がんばれ! TEAM NACS』観てきましたZE☆(誘惑に敗北済み)

……てか、『孤狼の血Level2』もまだ行けてないし、『リョーマ』が気になってしかたないし、『マスカレード・ホテル』も前作面白かったし、今週もまた行くしかないかな、劇JOOU!?(敗北宣言)

 

誠に心苦しいですが、劇場版、日曜日の夕方に行ったのですけど、いつものライブビューイングの人手はどこへ行ったんだ!?ってくらいガラガラで……私ども入れてたぶん十人いなかったですぜ。なんで!? 皆様もうWOWWOWで観られた? 諸事情で金欠になり(二度目)、WOWさんの契約を終えるしかなかったこの一ファンは、これ幸いと大喜びで出かけたんですが。

 

皆様、このご時世で出不精になられてしまった?? 私も他人様のことはまったく言えず、先日5カ月ぶりに美容室をキメるというヤバい日々を送っておりますが……。

 

劇場版、すごくよかったですよ! 話の筋、展開、オチまで含めて、隙なしに見事な仕上がり。5人ともにバランスのとれた見せ場があり、違和感のない流れとなり、さりげない伏線も引かれ、あとでニヤリとするしかなかったり。

ガラガラだからって、うちの母などはつい我が家でのテレビ鑑賞状態で、笑いながらしゃべりかけてきましたから。一座席空けて座った私に。このご時世はマナー違反になるんでしょうが、笑わずにいられますか。とくにあの安田のケンさんのあの──(略)

 

観にいって損はないですZE☆ 出不精仲間の皆様☆

 

とはいえこのご時世、体に気をつけなければならないのも事実でしょうな。劇場のある商業施設は普通に混雑しておりましたが(でもまぁ確かに、コロナ前ほどではないかな)。

 

 

わたくしめは今月下旬に、ようやく1回目接種予定(拒否してたんじゃないよ。なかったんだYO)。ワクワクなんちゃらというのに完全に乗り遅れておりましたが、どうだろう、9千万人目くらいかな? それとももう接種年齢未満のお若い子たちを残すばかりかな? 我が家、PH社とM社の両派がおるのですが、だれもかれもさして副反応も出ずに過ごしており、金はないが体だけはしぶとたくましい血なのか。2回目も全員37度台の熱1日で止まりましたからな。なんにせよ、ありがたいことです。

 

 

さって、明日から第6章YAAAAAHーー!!!

 

 

※※※※※

現在書いているのは↓の続編です。

1、『ティベリウス・ネロの虜囚』 (https://ncode.syosetu.com/n6930cz/
2、『ピュートドリスとティベリウス』(https://ncode.syosetu.com/n6661ez/

 

おっと、時系列は「1」の後、少年期~青年期です。

まさかの残暑開戦!?(vsG……??)

 

……戸塚くん、強すぎね?(漠然とテレビ見ながら)よくわかんないですが、これもう犯人ですやろ(暴論)

 

 

以下、例年になく悲しい物語。

 

 

さて、こうして長年日記をつけておりますおかげで、わたくしめは毎年G様の出現時期を、かなり正確に予測することができます(いらない能力)過去を参照しますと、早くて四月下旬、遅くとも五月下旬、……もっと正確に言いますと、4月26日から5月26日が、毎年のファーストコンタクト、すなわち運命の出会いの日と相成るわけです。

 

ところが、なんとなんと今年は、今日この日まで開戦記録を上げないままに過ごしておりました。忘れていたわけではございません。むしろ四月下旬からは一日たりとも忘れることなく身構えておりました。

 

しかし今年は、驚くべきことに昨日まで、家の中でG様を目撃することなく過ごしておりました。ザッツ・ミラクル☆ ブログ始まって以来の僥倖。

色々ありすぎた一年でしたが、今年くらいはG様もこのわたくしめをご容赦くださったんでしょうか? まさかの自粛? ステイ・ホーム? いやいや、ステイ・ホームなどされた日にはわたくしめは生きていられる心地がしません。G様はゴートゥーどこかよそをされておられたのか。

 

我が家にG様がいなくなったわけではございません。むしろ外では何度も目撃しました。しかし外でのエンカウントは、たとえ我が家の庭でも開戦の定義といたしておりません。たとえ仕事から疲れて帰ってきた日、玄関に手を伸ばした瞬間、ドアベルに張り付いているのを目撃しようが、心が広すぎるわたくしめは、開戦といたしません。潔く引き下がります。めそめそぐしゅぐしゅ泣き寝入りします。たとえ家の壁に居座り、その距離わずか三十センチになろうが、わたくしめは非暴力主義を貫きます。

 

だから家の中に入ってくるのだけは勘弁して、G様! わたくしが夜中に一人文章を書いているときなんかに、背後を取らないで、G様! 

それこそが長年の悲願でした。

 

その願いが届いたのか、今年はなんと、予定遭遇日から三ヶ月が経過。外で目撃はすれども、家の中での出会いなし!

 

最高かよ!!

 

……そう思っておりました。昨日までは。

 

いや、もうお盆過ぎて八月下旬ともなれば、もう今年は休戦ということでええですやろ、と心の中で思っておりました。とはいえG様に関しては超慎重派のわたくしめ、勝利宣言のブログを書くとしたら(どこ需要?)、9月末まで待とうという腹づもりでいました。

つまり、予定ではこの一ヶ月後に、わたくしめは、

「ヒャッホーッ! 今年はG様と開戦しなかったZE☆」という最上級ハッピーエストな記事を書くつもりでおりました。

 

……無念でなりません。

 

しかし事は、意外な結果を迎えました。

 

 

去る26日、わたくし、居間で一人次作を書く。

ブーンという音。

──ったくハエにしては音がでかいな。カナブンでも入ってきたかな?

背後に気配。

壁にビタ。

 

 

私「嘘だろ…………」

 

 

それは、かなり大きな、G様だとしても特大サイズの、黒い虫でした。カナブンではありません。あの固い質感はなかった。

しかしG様だという確信も持てなかった。とにかくやわめのデカくて黒い虫。

 

私には信じられませんでした。

まずもってG様とは、飛ぶときに「ブーン」などという派手な音を立てられたでしょうか? 常に音もなく、気がつけばそこにいる。それがG様では。

 

しかしG様に見えなくもありませんでした。そもそも室内に特大サイズのデカくて黒い虫、というだけで、なに様であろうと、自称温厚で平和主義者であるわたくしめを殺生に駆り立てるには十分な理由となります。

 

嘘だろ、嘘だろ……と言いながら、それをしかと直視もできず、わたくしめはただちにハエ叩きで「それ」を仕留めました。

 

…………ついに開戦してしまったか。今年こそはないかと期待していたのに……!

 

しかし亡骸の回収はできませんでした。懐中電灯まで持ち出して、なんとか試みたのですが、非常に厄介なところに落ちてしまったために。そしてなにより、あのサイズの亡骸を、夜中に一人で回収する勇気などとてもありませんでした。

けれども周辺には家族の衣類諸々が……。

 

翌27日、わたくしめは家族に昨夜の一部始終を伝え、亡骸の回収を託し、仕事に向かいました。

で、さっき帰ってきましたら、家族はだれも亡骸の回収に手をつけておりませんでした。(ダメ一家、私含む)

おい、あそこにあるのはあんたらの衣服諸々なんですぜ。あとで悲鳴を上げる事態になっても知らねぇからな。警告はしたからな!

 

そういう気持ちで、わたくしめは今夜の執筆作業に入りました。

 

仕留めたと思っておりました。仕留めそこねた場合、G様は必ずまた同じ場所に現れます。忘れもしない、ある年のある一夜などは、わたくしめに仕留められるまで、延々同じ場所に姿を現しては逃げるをくり返し続けたG様(特大サイズ)……思えばあれがトラウマの始まりでした。

 

ともかく、あれから現れなかった以上、仕留めたのは確かだと考えておりました。

 

ところが、執筆を始めておよそ十分後、

 

 

隣に、床に、いらっしゃいました。

 

 

コオロギが

 

 

もしやと思っておりました、昨夜から。

 

 

しかしわたくしめは、生まれてこのかたこんなに大きなコオロギを見たことがありません。

そもそもコオロギとは「ブーン」なんて派手な音を立てて飛ぶ生き物だったのか? いや、今も外で涼し気ないつもの音で鳴いてはおられますが。

 

わたしくめはしばし胸を打たれました。

 

昨夜の邂逅から24時間近くが経過。その間、家族の前には姿を現さず、私が一人になる時間を見計らって、また現れた。今度は音もなく、いつのまにか隣に出現していた。

 

 

そんなに私のことが好きだったのか、君は!!!

 

 

おそらくこの一年で、最もわたくしを愛してくれた存在と言っても過言ではなかろう、巨大コオロギ氏。

まるでなにかを伝えたかったかのように。

 

わたくしはこの愛のかたまりコオロギ氏を、ティッシュの箱で一撃の下にとどめをさしました。

 

…………いや、だって、このサイズの黒い虫が家の中にいることに、耐えられます?

 

外へ逃がしてやることもできたでしょう。しかし体が勝手に動いていました。もう生理的な反射と言っていい。

 

今、とてつもない後味の悪さでいっぱいです。悲しい。後ろめたい。なぜ家に入ってきたのか、あのコオロギ氏は。

 

G様もコオロギ氏も変わりなく一匹の生き物であり、差別するのは人間の勝手でしょう。コオロギ氏にだけ申し訳なく思うのも、不公平でしょう。

 

しかし、なんでしょう、このやるせなさは。

 

愛してくれた人を手にかけるとは、こういう気持ちでしょうか?(おい)

 

その昔、わたくしめにも虫が好きだった時代がありました。コオロギを飼ったこともある気がする。カブトムシをわしゃわしゃと虫かごに入れて飽きずに眺めていた日を覚えています。

しかし、おばはんになった今、それがもう無理になりました。カブトムシはもうダメです。なんならその幼虫のほうがまだ見ていられる。

もう決定的に「黒い虫」が苦手になってしまいました。それもこれもみんなG様のせいだと思う。身勝手で不公平だけど。

 

もういい年だし、そんなことは起こらないと思いますが、もしもわたしが将来子どもを授かって、その子が「カブトムシを飼いたい」などと言い出した場合、私は半狂乱になるかもしれない。もう想像するだけでぞっとする。

 

それともそれくらいのショック療法があったほうが、虫嫌いを乗り越えて、またかつての無邪気な心(?)を取り戻すんだろうか……

 

いずれ、今年の開戦報告は、このような悲しい結末となりました。

 

まさかのコオロギ氏を犠牲に。

 

そしてG様は……G様は…………!?

 

 

この記事をアップして数分後とかに、しれっと背後にいるんじゃないかなっ(死)

 

 

 

ありがとうございます!(ヘビー内容注意)

今日、また例の金銭問題で、とうとうこの一年間で年収を超える額を失くしました!

コロナ関係なく! 自分の借金でもなく!

我が身大事な人々のために。


こっちは五ヶ月も美容室に行かないくらい節約していたのに、いともあっさり持ってかれました! 

ゴルフ三昧、マージャン&飲み会ゴーの方々に。


一年分の仕事の報酬を、丸々持っていかれたんですぜ。

あたし、非正規だからボーナスはもちろん、失業保険さえないのに!

あたし(ワクチン未接種、理由は供給源で延期に次ぐ延期)がコロナで働けなくなったって、彼ら(接種済)助けてくれるどころか、もっと奪っていきかねない方々ですのに。

実際去年の給付金10万強奪していきましたからな! 一時休業で強制ニートになったあたしから。


どいつもこいつも「貸してくれ」いうのですが、実際に帰ってきたのは、年収超え中の五万、あと返す努力もせず。

だれ一人、カケラでもあたしのこと考えてるんですかね? 自分のプライドのことしか考えてないんでないの?


家出ればいいって思うでしょ? 家出たらあたしの(あとわずかな)貯金が家賃諸々で減り、実家に入れてきたお金もなくなり、当てにできなくなるから、家にいてほしいんですってよ!


もう胸を張って最悪と言っていいやな!


いっそあたし殺せば!? 死ねばいい?? 残りのごくごくささやかな貯金がゲットできるぜ!?



しかししかし! そんな私の心の幸いは、どなたかが私の書いた小説を読んでくださること!

感想うれしい! 評価うれしい!

ただアクセスいただけたらもううれしい!! あんなマイナー自己満の産物だもの。


おかげさまで私はまだまだ生きていけますわ!


執筆中の次作、面白くなるかはまだわからないけど、必ず完成させます!


それだけが生き甲斐。これがまだ書けるだけで、私の幸福!


その暁には、またちょっとだけでも覗いてくだされば幸いです。


長いし、面白くなければそれがそれでいい。甘んじて結果は受け入れる。


でも1つでもアクセスがあれば、私は決して不幸ではない。


心からありがとうございます!


きっと年内に、次作アップします!