読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A.Banana.S

古代ローマ、ナックス兄さん、ドートマンダー・・・好きなことをぽつぽつと。

今年二度目の、北海道。

さて、ちょっとですが、旅編でございます。前記事にも書きましたように、連れは母。

 

お昼頃、今年二度目の北海道上陸。新千歳空港に到着。

 

このたびは我が身内を、わがまま自己満足旅行につき合せることになったわけですが、まず向かった先はこちら。

『ベジポタラーメン Jill』さん。

 

f:id:Anridd:20160804015635j:plain

はい、『おにぎりあたためますか』で紹介されていたのが忘れられず、足を運ばさせていただきました。

場所は新千歳空港から電車に乗り、千歳駅で下車。3月のドライブ旅行で立ち寄った「サーモンパーク千歳」という道の駅のそばでした。それでも駅から徒歩18分くらいとあり、行きは道順に自信がなかったので、タクシーで。

イベント期間中だったそうで、「サーモンパーク」と隣の水族館も、近くのビアガーデンも大いににぎわっていました。

 

さて、Jillさんで、私がいただいたのはベジポタラーメンのトマトでした。母はスタンダードなベジポタ醤油。

おいしかったですよ~! 母も大満足してくれて。それに色々なスパイスも自由にプラスできて、味の変化も楽しめました。

最後にリゾットライスを入れるのも忘れませんでしたとも。そろって完食でした。

 

それから千歳駅まで歩いて戻りました。途中の交通公園が緑いっぱいでいい感じで。

いや~、それにしても北海道涼しいなあ! 歩いていてなんて快適なんだ!! うちの地元の蒸し暑さとは大違いだ! もう住んじゃおうかな! 住みたいなぁ!

・・・なんて思っているうちに雨がパラついてきましたが、お腹いっぱい食べたあとの良い運動になりました。

 

そのあと札幌駅に着いて、次に向かった先は、どのガイドブックにも載っているであろう、『羊が丘展望台』。

人生で、4、5回札幌に来たことがあるのですが、こちらは一度も訪れたことがなかった。もちろん母も。

好きな場所になりました。

この見事な眺めもさることながら、

 

f:id:Anridd:20160804015709j:plain

 

レストハウスの裏手にある、ラベンダー畑や、白樺やブルーベリー等の緑が、至福の癒しでございました。香料として売っているラベンダーは、なんだか合わないと感じるばかりだったのですが、生のラベンダーの香りはちっともくどくなく、心地よかった。また涼しさと空気のおいしさと相まってね。

 

写真には撮ってこなかったのですが、この展望台にある『ブランバーチ・チャペル』、ちょうど中で結婚式が行われているらしかったのですが、一目惚れしました! 建物の美しさ、静かでこじんまりしたたたずまい、そして周りの景観、白と緑・・・・・・。

なんだか外国にいるような気分になりました。あのイタリアの鮮やかさやまぶしさとは違うのですけれど、良い具合に非日常的というか、にぎやかな人の営みの世界から少しだけ離れていて、それでも我が庭にいるような、不思議な安心感もある場所。

 

人生で初めて、「ここで結婚やりたい!」・・・なんて思ってしまいました。相手もいないのに(笑) とくに縁があるわけでもないのに。というかそれまでは結婚式とか自分のはやりたくない!と思う類の人間だったのに。

 

よっし、北海道に移住すっか! 北海道で婚活すっか! 

 

・・・・・・なんてね。

 

バスにゆられ、『羊が丘展望台』をあとにし、札幌駅に戻りました。次に訪れたのは、『クイーンズソフトクリーム』

だって前回初めて食べて、とってもおいしかったんですもの。もう一度口にしたい&母にも食べさせたくて。

二度目もおいしかった! 次はもうトッピングなしでただソフトクリームのみひたすら味わってみたいなぁ・・・。

 

それからホテルに入って、しばし休んで、夕食のために向かったのは、『RAMAI』さん。

そう、ハナタレ全国放送でスリーフォーファイブが訪れた、スープカレー屋さんです。前回3月の旅のときは、ワンツーが訪れた『エス』さんでいただきました。もうミーハーここに極まれりな感がありますが、

f:id:Anridd:20160804015755j:plain

 

私はおいしくペロリといきました。母も完食しましたが、食べ終わったあと、ちょっと苦しそうでした。思えばソフトクリームも「さっぱりしておいしい」と言っていたけれど、そのときからそんなにおなかが空いていなかったのかも。

 

母は、食べることが好きな人で、普段から私よりよく食べます。その母が、この旅のあいだじゅうほぼ私と同じものを食べていたのに、私より早く満腹になったことに、少なからず驚きました。

 

そっか、そうだよな。いつまでも同じ程度食べ続けるなんて、できないよな・・・。

 

私も決して少食ではなく、むしろしっかり食べるほうです。それに加えてなんというか、札幌スープカレーのボリューム、いや北海道という大地の料理のボリュームに、何度か訪れて、いくらか気構えがあったので、今回は苦しくまではならずに済んだのかな。

 

ごめんよ、母。完全なる私の趣味に、つき合ってくれてありがとう。

 

翌日は、サンクガーデンのバラを愛でつつ、母も私も元気にジャンボリー会場に出かけて、大いに楽しんでまいりました。

帰りは新千歳空港で味噌ラーメンも食べたし、このたびの旅も申し分なく恵まれたものとなりました。

 

 

それにしてもホント、「食べる旅」をするようになったと思います。

体重には気をつけないと・・・。