A.Banana.S

古代ローマ、NACSさん、ドートマンダーにパーカー、西武ライオンズ・・・好きなことをぽつぽつと。

ドートマンダーシリーズ最終作『Get Real』について。

 

※前々記事のような人間が書いていますので、くれぐれも、諸々あまりアテにしないでください。しかし、すばらしいです……!

 

 

【特報!】ドートマンダー一味、リアリティーショーに出演!? 俳優デビュー!? なんとTVスクリーンに登場!?

 

 

アンディー「アン・マリーに見てほしいんだ」

タイニー「俺もケルプに賛成だ。ジョーシーに見せたい」

ドートマンダー「お前ら、正気か?」

 

メイ「ジョン、私も見たいわ」

 

 

レギュラーメンバー、とくに5人は、ほぼまんべんなく出て、見せ場あり。

 

 

スタン「ちょっと待て。俺を外すだと?」

ジャドソン「スタン、あんたがその男なんだよ」

 

 

【大事件①】アンディー・ケルプ氏、過去最高レベルで有能。

 

 具体的には、『Dirty Money』でパーカーがやったことと同じ逆転をやってのける。もうアーウィンとかミスター・トゥイリー クラスの相手じゃなかったよ……。

 ……この人、本当にパーカーなんじゃないの……? 

 ただし相棒には、ささやかながら、やっぱり悪意なく、色々お見舞いする。

 しかしその相棒も称賛するしかなかった、さらなる腕の見せ所が――。

 

『今、彼らみんながケルプに委ねた』

 

 十度見はしました。

 …………マジですか。

 だれだよ、この人を「拳銃恐怖症」とか「ビビりやすい性質」とか言ったの……(主にドートマンダーと、本人)。「役に立たない」なんて言ったの……(主にお前や、多くの愛読者)。

 

 

【大事件②】ジョン・ドートマンダー氏、シリーズ最終回にふさわしい言葉をつぶやく。

 

“jinx”――それは「悪運」「疫病神」「たたり」「呪い」等を表す語。

 

 

たぶん、事件①と事件②は、根本のところでつながっている気がします。

 

奇跡!! 必見!!!(だからお前が言うな。十年見ないでいた人)

 

それでもまだこの一ポンコツ読者は、ちゃんと読めていない部分が多々ありだと思われますが……

今は、はい、これが最終回というなら、「スマイル」で受け入れます。……だから何様だって話ですが。

 

……そのうち鍵などをつけて、どこかで思いっきりネタバレ全開語り記事を書いてみたいなぁ。

 

 

Get Real (The Dortmunder Novels Book 15) (English Edition)

Get Real (The Dortmunder Novels Book 15) (English Edition)