A.Banana.S

古代ローマ、NACSさん、ドートマンダー・・・好きなことをぽつぽつと。

妄想集への御礼。

お付き合いくださった皆様へ、心より感謝申し上げます。

 

……いや、本当はこのブログに載せるべき筋のものを、他所様をお借りして、さらに見にくくしたところに、お付き合いいただけた。それがどれだけ恵まれたことか、よくわかっているつもりです。やはり私は幸せ者です。

わざわざアカウント作ってくださったのでしょうか。ステキの反応までありがとうございます。い、いいんでしょうか、あれで…と仰天・恐縮しつつ、喜びました。

 

 

わたくしも気が済みました。(本音)

 

書くべきでないものばかりでした。(おい)

いずれも各読者それぞれの想像があること。

そして未翻訳作も無遠慮に入れましたから。

とくに『哀歌』は、あれ、いちばん書いてはいけないと思いながら、いちばん書かずにはいられないし、書かなければいけないという謎の使命感で、書いてしまいました。

…そしたら書いている当人の身に奇跡が振りかかるという、信じ難い体験しました。

十五年だぞ、おい……。

…………まだ許してないから。(憤怒)

…………この先、一生、我が妄想の世界につき合う刑だから。走るのをやめられるとか思うなよ、ゴラ。

いいか、いちばんTに感謝しているのは、私だからな! 彼がいなかったらあんた――(以下略)

 

 

出来はもう、私が書いたのだからこれ以上どうしようもないのですが、ドートマンダーのほうは準レギュラー陣までほぼオールキャラ出し、あのゲストも投入。

パーカーのほうは、名前だけの人もいましたが、仲間ほぼオール言及(『エキストラとスタントマン』使ってまで)。そして強引カムバック。

 

やりたい放題でした。

どれだけ自分が強欲かよくわかりました。

 

書こうと思い立ったのが、今年の二月。

夢中になりました。何度かくじけました。

 

『エメラルド始末記』を書き出したときの、手の震え。恐怖。

『ファースト・ネーム』4にするか5にするか悩み、なにより例のきっかけをどうするか悩み(正直、完璧な納得ではない)…。

『ココナッツと蜘蛛』まとめられるのか、「らしくある」のか、あれこれ悩み…。

『哀歌』散々息巻いたのにまだ足りな…(もうやめや)

『エキストラとスタントマン』、できるのか…?と最後の最後まで危ぶみつつ、ラストシーンのため。

 

ああ、楽しかった……。

 

やり残したことは、ない。

 

あえて言えば、未翻訳作をどうか――(以下自重)

 

鍵師コンペとか、その後のその後とか、

 

…これ以上は書いたらあかん。自戒。そのウデもアタマもない。よくわかっている。

 

でも、彼らは私のなかで、永遠。

 

そして、永遠であれ、みんな。

 

 

重ねて、こうした好き放題にお付き合いくださったことに、本当に感謝しきれない気持ちでおります。ブログの更新という点においても、いつまで限られすぎた趣味の話をしているんだ、と。

だって、そうでしょう。両シリーズ、絶版有り、未翻訳作込み、この自己満ブログの読者……

……どれほど寛容な気持ちでお付き合いいただいたのでしょう。

 

ありがとうございます。

 

 

不肖わたくしは、このあとは自分のオリジナルを書く方向に戻るつもりです。…歴史上の人物を扱った小説もまた、ある意味では完全オリジナルとは言えないと思っておりますが(少なくとも私のに関しては)、やろう。やりましょう。

 

……と、宣言しないと、お前はまたいつまでも動かないから。

 

イタリアからスペインまでドライブしたいです。あとあそこやあのあたりにも行ってみたいです。(←さすがに無理)

 

しばらくは、もう一度、調べもののやり直しから。

 

ティベリ様、第三回戦をよろしくお願いいたします。

 

 

 

anridd-abananas.hateblo.jp