A.Banana.S

古代ローマ、NACSさん、ドートマンダー・・・好きなことをぽつぽつと。

パーカーとドートマンダーの、オールスターキャストもの【入!替!厳!禁!】 ……でもやっちゃうよ。

パーカー、ドートマンダー両シリーズ、クライマックス作のオールスターキャスト。

 

◆パーカー『殺戮の月』 

 

1 パーカー

2 アラン・グロフィールド

3 ハンディ・マッケイ

4 スタン・ディーヴァズ

5 ダン・ワイツアー

6 フレッド・デュカス

7 トム・ハーリー

8 ニック・ダリーシア

9 エド・マッキー

10 フランク・エルキンズ

11 ラルフ・ウィス

12 マイク・カーロウ

13 フィリー・ウエッブ

 

◆ドートマンダー『最高の悪運』

 

1 ジョン・ドートマンダー

2 アンディー・ケルプ

3 スタン・マーチ

4 タイニー・バルチャー

5 ラルフ・ウインズロウ

6 ジム・オハラ

7 ガス・ブロック

8 ウォーリー・ホイッスラー

9 ハーマン・ジョーンズ

10 フレッド・ラーツ

11 セルマ・ラーツ

12 ラルフ・デムロフスキー

アン・マリーを足して、13

 

 

いいか、入れ替えるなよ!! 絶対に入れ替えるなよ!!! 

 

特にパーカー一味 ← ドートマンダー一味はアカンぞ!!!

 

(※ドートマンダーのほうは実際は20人。名前不明の人有り)

 

ちなみに『骨まで盗んで』だと、上の13番にハリー・マトロックが入り、完成形になる。……と思ったらハーマンがいないんだった。(残念ながらハリーが『最高の悪運』に参加していないことは『金は金なり』で明言されている)

ハリーがいたら完全に入れ替え完了してたって……。

ウィルバー・ハウイーは…? 諸事情ありすぎて入れられなかったんですよね。(苦笑)

あっ、今からジャドソンくんをねじ込んだらいいんじゃないかな……!?

 

 

ちなみに前期オールキャストの『悪党たちのジャムセッション』だと、

 

1 ジョン・ドートマンダー

2 アンディー・ケルプ

3 スタン・マーチ

4 タイニー・バルチャー

5 ロジャー・チェフウィック

6 アラン・グリーンウッド

7 ハーマン・X

8 ウォーリー・ホイッスラー

9 フレッド・ラーツ

10 セルマ・ラーツ

11 ビクター

 

これにメイとマーチのママが入って完成形か。

おおっ、やっぱ13人だ!!(無理矢理)

 

 

入れ替え厳禁だから!!!!!

 

 

…………無論、とうの昔に手遅れ。

 

 

◆◆禁断の入れ替え戦◆◆

 

パーカー一味は運転屋が多く、ドートマンダー一味は鍵師が多いので、そもそも一致し難いのだけれど……、おおむねの役割は以下。

 

<リーダー>

 パーカー

 ドートマンダー

 

<運転屋>

 P =マイク・カーロウ、ニック・ダリーシア、フィリー・ウエッブ

 D =スタン・マーチ、フレッド・ラーツ(事実上運転しない)、セルマ・ラーツ

 

<鍵師>

 P =ハンディ・マッケイ、ラルフ・ウィス

 D =ウォーリー・ホイッスラー、ラルフ・ウインズロウ、ハーマン・ジョーンズ

 

<腕力担当>

 P =ダン・ワイツアー

 D =タイニー・バルチャー

 

なんでも屋

 P =アラン・グロフィールド、スタン・ディーヴァズ、フレッド・デュカス、トム・ハーリー、エド・マッキー、フランク・エルキンズ

 D =アンディー・ケルプ、ジム・オハラ、ガス・ブロック、ラルフ・デムロフスキー

 

 

や、やりやすそうなところから行きましょう。

 

なにしろ『ホット・ロック』や『天から降ってきた泥棒』は元はパーカーシリーズの構想だったという話もあることですし、いけますよね…?

 

◆というわけで、「ドートマンダー一味 ← パーカー一味」で『ホット・ロック』

 

ドートマンダー ← パーカー

 これはもちろん決まり。パーカーに同じ物を何度も盗ませるわけにはいかないという考えから、ドートマンダーが生まれた。

 

グリーンウッド ← グロフィールド

 本人出演。

 ここまで決まっていたのではないでしょうか…?

 

問題はここから。

 

チェフウィックはやはり⑤『襲撃』に登場した金庫破り、カーウィンがいいでしょう。趣味が同じですからね。

 

スタン・マーチは、運転屋のウエッブかカーロウのどちらか。ダリーシアは『ホット・ロック』より後に出版の『殺戮の月』が初出なので、まだかな。

 

ケルプは……普通に考えればハンディだと思うけど、ケルプは金庫破りじゃないし、なによりすでにチェフウィック=カーウィンがいる。ハンディだってまだ引退中。となるとなんでも屋軍団だけど、エド・マッキーだとブレンダに相当する人がいないし……。いっそグロフィールドと合体!? それとも仲間なのに途中で問題を起こしてパーカーに始末される役!?(おい) それとも彼こそが実はパーカー!?(しつこい)

なるべく陽性の人がいいだろうけど、パーカーといるとだいたいだれもが陽気な話好きに見えてくるので、そこは問題ないかと。

 

パーカー版『ホット・ロック』の例

【フレッド・デュカスはパーカーと別れた後、また仕事が上手くいかなかった(※⑮『掠奪軍団』参照)。ところがさっそくまた次の仕事、エメラルド強奪の依頼が持ち込まれる。金欠の彼はすぐさま話に乗る。計画のまとめ役には、なにか悪い運がついている気がしなくもないが、腕が良く信頼できるパーカーを呼ぶ。話を聞いたパーカーは慎重だったが、引き受けることに。彼はさらに仲間を三人、運転屋フィリー・ウエッブ、錠前師カーウィン、そしてなんでも屋のアラン・グロフィールドを加える。かくしてついに強奪決行! しかし失敗し、グロフィールドが捕まり――。

 デュカスの勘は当たっていたのか、彼とパーカーたちには次から次へと悪運が振りかかる……。】

 という感じか。

 

 

◆続いて、『天から降ってきた泥棒』

 

ドートマンダー ← パーカー

 

タイニー ← ダン・ワイツアー

 これしか考えられない。それでパーカー版「もっと口の悪いJ・C」とどうなるのか…!?

 

スタン ← マイク・カーロウ

 ワイツアーと、⑱『ターゲット』の組み合わせということで。

 

ケルプ ← フランク・エルキンズ

ウイルバー ← ラルフ・ウィス

 ウイルバーの強烈すぎる個性はとりあえず置いておくとして、家庭派泥棒コンビならここではまるかな、と。

 

『天から~』はパーカーシリーズとしてある程度書き進んでいたらしいので、予測する価値ありかも!?

 上記だとちょっとストーリー的に問題児がいなさすぎか…??(ドートマンダー一味側だと問題児しかいない…)(ドートマンダー談「これがおれがこの手で選び抜いた連中なのか……」)

 

パーカー一味だと、あの私設軍隊と真っ向の銃撃戦になりそうですな……。

 

 そういう場合は、家庭派泥棒コンビじゃなく、グロフィールドとハンディに替え、アクションに全振りの最強布陣といきましょうや。

 

うわ、めっちゃ面白そうなんですが.....!! 

 

 

 

……さて、やってみますか。いちばん恐ろしい入れ替え戦を。

 

◆パーカー一味 ← ドートマンダー一味で『殺戮の月』

 

できるだけ『最高の悪運』と対応させたいところだけども、さすがにアン・マリーをあの血風吹きすさぶタイラー市に入れることはできないので、ここはドートマンダー一味へ復帰してもらいましょう、グリーンウッドに!

 

……でなきゃだれがグロフィールドをやるんだよ!!

 

ケルプ!!?? 冗談じゃないよ!!!!!

 

(しかし『殺戮の月』におけるパーカーの相棒は、どう考えてもグロフィールド。一方、全長編中、一度もドートマンダーの相棒をだれかに譲ったことがない男アンディー・ケルプ。どうする、アンディー!?)

 

~小休止~

◆◆◆

 一匹狼のパーカーですが、相棒役を置く作品もあります。

詳しい考察は近いうちに記事で上げますが、やはりハンディ・マッケイとグロフィールドが際立つ。

例:

ハンディ、主に③『犯罪組織』④『弔いの像』

グロフィールド、主に⑧『カジノ島壊滅作戦』⑯『殺戮の月』

エド・マッキー、主に⑰『エンジェル』21『Breakout』

ニック・ダリーシア、22『Nobody Runs Forever』

等々。

 ◆◆◆

閑話休題

 

 

◆ドートマンダー一味で『殺戮の月』

 

パーカー ← ジョン・ドートマンダー

アラン・グロフィールド ← アラン・グリーンウッド

ハンディ・マッケイ ← ハーマン・ジョーンズ

スタン・ディーヴァズ ← アンディー・ケルプ

ダン・ワイツアー ← タイニー・バルチャー

フレッド・デュカス ← ラルフ・デムロフスキー

トム・ハーリー ← ガス・ブロック

ニック・ダリーシア ← ジム・オハラ

エド・マッキー ← ラルフ・ウインズロウ

マイク・カーロウ ← スタン・マーチ

フランク・エルキンズ ← フレッド・ラーツ

ラルフ・ウィス ← ウォーリー・ホイッスラー

フィリー・ウエッブ ← セルマ・ラーツ

 

 

全員集合後のパーカー一味の手分けも考慮したぞ! 完璧やないですか!?(ファンの自己満)

(①タイニー、ケルプ、スタン/②ラルフ・W、ジム、ガス/③ハーマン、デムロフスキー/④ウォーリー、フレッド、セルマ)

 

ハンディには復帰した金庫破りという点でどうしてもハーマンを推したい。メインキャラ経験有りのドートマンダーの古い仲間だし、やっぱりハーマンがいるとオールスターキャスト感がぐっと増すよなぁ…。

うん、ケルプはあとからゆっくり来ればいいと思うよ! 陽気なディーヴァズくんならまったく違和感ないよ! なんなら仲良しグリーンウッドとの会話シーンまできっちりあるかもよ!

どうあってもワイツアー=タイニーは固定。

デュカスさんは……ラルフ・デムロフスキーで。元相棒ハリー・マトロックから、『最高の悪運』その後のデムロフスキーの話が『金は金なり』で語られることを考慮したり、ドートマンダーの原型(?)の短編『最悪の日』の主人公かもしれないラルフだし……(なんの言い訳だ)

トム・ハーリー=ガス・ブロックは、ハーリーがパーカーとの最初の仕事にしくじったのが『殺戮の月』冒頭、ガスとドートマンダーのしくじりから始まる『最高の悪運』だから、外せないかと。

ダリーシア=ジムは「釣りに行く」と言い出すダリーシアが、「フロリダに行く」と『天から~』で言ったジムと重なったから。

マッキーにブレンダがいれば、ラーツ夫妻で固定なんだけど、しかし『殺戮~』にブレンダは参加しないので、ウエッブ=セルマで。そしてエルキンズ=フレッドで、ウィス=ウォーリー・ホイッスラーと組んでもらう。

ラルフ・ウインズロウは鍵師役じゃなくなってしまうけど、ウォーリーが鍵師でしか機能しない人だと思うから(腕前自体は『最高~』以外のメンバーも含め、ドートマンダー一味中おそらく最高)、ウィスに当てる。

それであらためていいやつエド・マッキー=ラルフ・W。

カーロウがスタン。A地点からB地点まで行くことに極端に特別な関心を持つ後者。A地点からB地点までジャスト1秒で行く理想を追求する前者。

 

 

…………これでいいのか?

 

 

<プランB>

 

 ケルプ氏が、その先に待ち受けることも考えず、ドートマンダーの相棒を譲らなかった場合。

 

パーカー ← ジョン・ドートマンダー

アラン・グロフィールド ← アンディー・ケルプ※

ハンディ・マッケイ ← ハーマン・ジョーンズ

スタン・ディヴァーズ ← ジャドソン・ブリント※

 以下、プランAに同じ。

 

 

大丈夫、全部ドートマンダーがかぶってくれるから……!(爆)

 

……でもそのあとどうするの!!??

(あの状況でもドートマンダーの自力頼み濃厚)

 

ジャドソンくん?  ドートマンダー、ケルプ、スタン、タイニー、そしてJ・Cの5人がかりで育成中だし、なんとかなるんじゃないかな!(いやいや.....)

 

こっちのほうがスッキリするだろうか……?

 

 

いずれ、いけるんでないかい!? ドートマンダー版『殺戮の月』!

 

 

後半どうなるか知らないけれども……!!!

 

(だからどう考えてもドートマンダーの丸かぶり態勢)

 

 

万一、ケルプがああなったら、ドートマンダーの激情たるやパーカーを凌ぐと思うんですが……。

 

よっぽど怖いんですが…………!

 

 

 

 

 

最高の悪運 (ミステリアス・プレス文庫)

最高の悪運 (ミステリアス・プレス文庫)