A.Banana.S

古代ローマ、NACSさん、ドートマンダー・・・好きなことをぽつぽつと。

ファンミ生還報告(2018)

現在、現実に戻りつつ、デジカメの画像を書き込めないという、たぶん超初歩的な問題でつまずいて「うがああああっっ!?」となっておりますが(アナログ&情弱人間)(パソコンも寿命間近)、生きております。北の大地から帰ってまいりました。

 

…なにから書こうか……。

 

とりあえず、前後の個人的旅話はあとにして、ふぁんみ会場に入った後の出来事から。

 

(注:不正確も多々あろう書き手の記憶です)

(わりと文字数多めで書いております。ネタバレ回避したい等、閲覧注意願います)

(諸事情で一部ナンバー表記)

(…書きすぎたか感があるので、場合によっては下げるかもしれません)

 

 

 

人生3度目のファンミに恵まれ、デジカメのバッテリーを複数個所持して参戦。それだけで例年よりちょっぴり生まれる心の余裕(初めからそうすればよかったんじゃ、バカタレが!)

 

さてワンクッション。会場入り前に、詣でてきました。

 f:id:Anridd:20181214015759j:plain

 

まずグッズ売り場の収穫。

 f:id:Anridd:20181214015839j:plain

 

 

缶バッジは左から順に転がり出てきました。こたびはなんと同行の母までが参戦。

わたくし、一発目でオトサマバッヂ&魚吉を当てる、引きの良さよ。

訳あって4さんも切に狙っていたのですが、叶いませんでした。母などは交換場所も覗いていましたが、慣れないことで、時宜が合わず。

 

……それにしても今年はヤスケン神社のご神体はどうされたの!? 御勇退!? あのまがまがしさ&生々しさが、いかにも人智を超えた神という感じだったのに!(えっ)ずっと「小安」だったけれども励まされてきたから、今年もいざ!と意気込んできたのに。

……まあ、魚吉を引き当てたということは、オマエ的には「大吉」じゃ!ってことですよね。(第三二-番ってご生誕日やないですか)ありがとう、うましか神社のキューちゃん……のご先祖様。

 

キューちゃんとのツーショット撮影には臨めなかったけども、慌ただしく泊まり部屋とグッズ売り場を三往復はした我々は、売り場から出ていくところのキューちゃんとすれ違いました。わたくしめが手を振ると、キューちゃんはスタッフさんに教えてもらい、がんばって手を振り返してくれました。…あまり視野がないようだ(豆知識、笑)

 

グッズ売り場に普通にいる、安田家ご長男。フォトダイそのまんまの安田家ご長男。女性たちに囲まれ、一緒に写真を撮っておられ。私などは近寄る勇気もなく、遠巻きに見つめて母に教えつつ、こそこそ見やるのみ(不審者)。…いや、CD買いに近くまで行けばよかったんだけど、いったいなにをお話しすればいいんですか!? 頭真っ白になるわ!(コミュ力底辺&自意識過剰女)

 

生TJさんらしき人もいらっしゃったよ! こういうとき、日頃の御礼にひざまずくべきところ、「あれっ? あれっ? …もしや?」とか考えているうちに、裏手に行かれたよ (お仕事中だし)。心の中で拝むのみだったよ、いつもどおり!

 

その後、大オフィスキュー展に駆け込む。(余裕を持って会場入りするはずが、やっぱりバタバタ)ポロモシル展示とジャンボリー展示のギャップがすごい。別世界、異次元ですやん……。

 

Chimaちゃんのライブ、見渡すかぎり満席。美しいお声、美しい眺め……!

しかし私はバタバタと中座せざるを得ず、大急ぎで身支度。ホールに入ったのは、もう開場してからでした。

 

まずはフードファイト開始。うん? 私と母の皿だけ瞬く間に食べ尽くされ…(食い意地超高母娘)

3年前の初めてのファンミ、極度の緊張と食べ過ぎのあまり具合悪くなりかけた一ファンは、すっかりずぶとくなっておりました。おそろしい…。リゾットのお皿の昆布までバリバリ食べておりました…(無茶苦茶おいしかった…)

 

そしていよいよ開演。

 

会長、NORDファイブとノリノリでダンス。いや、会長、やっぱカッコイイ! なにがカッコイイって、やっぱり背中! 肩幅! 

それにしても「もう56歳、還暦間近…」とかおっしゃっているけれども、NORDのセンターでカーモンベイベー踊っていたときは、さすがのたのもしさで、わたくし胸がいっぱいになりました。

 

続いてキュープリムス。メイクと衣裳が同じなので、遠目でだれだかわかるのか問題が少しありましたが、見事なお歌を披露。……この後、終演してから、わたくしめはプリムスのファンになるしかない出来事を受けます。

 

続いてジョー&アッキー。シゲさん、今夜のファンミを通してとりわけ大熱唱。会場のスクリーン越し、そして我がデジカメの画面越しにもわかる、おめめキラッキラ。ブルーのスーツが中でも映えていて素敵だったなぁ…。

アキちゃんは、ウイッグのために、前日地下鉄で見かけた人の缶バッヂでは、もうだれだかわからなかったけど(!)(ジョー&アッキーをしっかり並べてつけていらっしゃる方でした)、これまたナイスなお姿でした。

場面が先に飛びますが、今回のアキちゃんのハイライトは、なんといってもツーショット撮影の時でしょう。バスツアーに参加された、アキちゃんファンの方が登壇。そしてツーショットのご指名が。

「いいんだよ、私でなくても…。せっかくなんだから、なんでわざわざ……」と言いながら、満面の泣き顔に(すかさずスクリーンどアップで抜かれる)。終わりの挨拶では、ライブの日、イオンモールが過去をしのぐ動員だったことも話されていて、感動の一幕を見せていただきました。

 

続いてリーダーとエイプリル北川なる、謎のご麗人登場。

会場を歩きながら、延々とエイプリル北川の背景(すべて妄想)を語り聞かせるリーダー、後に正式名称ノベンバー森崎であることが判明。

エイプリル北川があまりに美しく、巻き巻きの髪と赤いドレスもゴージャスで、わたくし何度シャッターチャンスを狙ったことか!

しかし歌い出したらまさかの超低音ボイス…! 「仲間のうた」ってこんな歌詞だったっけか(笑)なデュエット。とはいえ、ひそかに待ち望んでいた北川さんの歌が聞けてうれしい。

後に4さんからは、リーダーも北川さんもどっちもキーが合っていないじゃん! せめてどっちかに合わせろ!とのツッコミ入り。

 

続いていよいよ、我が最愛のオトサマ。グッズ発表になったときからわくわくしていたのですが、ジャンボリー副音声の各所で散々話題になっていた、歌に定評のある(!?)ネクステ男子二人をそろって引き連れ、果たしてオトサマにはいったいかなる戦略が…!?

…ほぼ全部一人で歌い、ネクステコンビには後ろでダンスと振り付け盛り上げを任せるという作戦でございました…。いや確かに、「月の裏で」は皆で思いきり盛り上がってこそさらに楽しい曲ですもの! リョータくんトザくん、ハイテンションで我々を乗せてくれました。角度的に斜め横から見ておりましたが、それぞれの立ち位置といい、照明といい、パフォーマンスの完成度といい、なるほど、さすがな演出、キマッておりました。

会場を練り歩きながら、「二年連続坊主です」「一足早い初日の出と思ってください」「きっとご利益が…」などと言いながら、帽子を取り、お客さんに坊主頭を撫でさせていった、我らがダンディ。う、うらやまし……。いや、でも実際近くまで来られたら畏れ多くて固まってしまうだろうな……。

 

などと思っていたら、次の場面で、早くも個人的……否、「〇〇的」前代未聞、空前絶後、ファンミ最大の事件が発生!!!

 

国王陛下、オクラさん二人を従えてご登場。轟く黄色い悲鳴。無言のまま微笑みを浮かべ、客席を、やたらゆっくりと歩かれる国王様。…というかオクラさんも、藤尾さんリーゼント、河野さんに至ってはツノが二本生えているような、どうあっても目を引かずにはいられない髪型だったんですけど。…最終日になるとだれもツッコミ入らなかった気が。

藤尾さんが「いつもよりゆっくり歩いております…」「わたくしもなにを考えているかわかりません」「もう曲が終わってしまいます」と語り役を引き受ける。その間国王様はじっくりねっとりと、獲物を品定めするかのように客席をのっそりのっそりと行く……。

 

そして……

 

私、カメラを下げる。かつてない距離に、かの伝説の国王陛下。平成の最後に眼前にする、平成の怪物。

 

そして……

 

(ぎゃああああああああああああああああ!!!???)

 

…私の身に起こったのではないですが、とんでもないことがすぐそばでありました。

藤尾さんがもう恐るべき解説を入れるもんだからまた……(大汗)

 

その後、こちらが意識をいくらかまともにしたときは、2さんはファンの方一名をなんと壇上に上げ、一緒にダンス。

 

他人様事ながら、「ああ、死ぬじゃん…。命がいくつあっても足りないじゃん…(白目)」と、茫然自失の体で思ったのでした。

 

…という感じで、2さん絶好調。

 

つ、続いてはいよいよ大エース。

前年明らかになったことですが、エース様は国王様のとんでもパフォーマンスを扉越しに覗いてからいつもご登場になる。まったくもう、今回の「これら」のあとはいったいどうなさるおつもりで!?

案の上、NORDから大抜擢してコンビを組んだ島くんを、歌唱力ばかりでなく天然不思議ちゃんでも名高い島くんを、土壇場で振りまわすという所業を働かれた模様。

島くん、しかたなくひたすら「大泉でございま~~す」をくり返す。

エースはやはり2さんの真似をすることからスタート。直前で段取りを変えられ、後に明かされる島くんのあわてぶり(4さん本人からの説明)。

それもこれも、いつにも増してゆっくりねっとり濃密なファンサをした2さんのせい…っておっしゃったっけか。とにかく我が備忘録にありました。

 

去年はChimaちゃんを泣かせておいて!(大変な語弊)、今年は島くんにわがまま三昧でテンパらせるなんて、さすがCUEの大エースだわ…!!

 

「本日のスープ」のデュエットは、大迫力の最高のひとときでございました。いや、島くん、お疲れさまです。

 

ほぼ登場の記憶だけで、この文字数かい。

 

次は爆笑必至ゲームのはじまり。

 

2チームに分かれ(会長ワンツー河野さん VS 4さん3さん5さん藤尾さん)、負けたほうがノニジュース。それを聞いてたちまち戦慄するシゲさん。2さんが昔の「ノニジュース事件」をみんなに説明する。けどおそらくは、会場にいる多くの人が知っていたことでしょう、シゲさんが本当にマジでノニジュースが飲めないことを…。これは阿鼻叫喚の地獄絵図へのカウントダウン開始なのか…!?

 

…たぶん、ほかの回では、ノニジュースではない別の飲み物だったのかな…?

 

最初のゲームは、タイトル正確に思い出せませんが、チームの一人が粘土で作ったものを残りのメンバーが当てるというもの。

トップバッターは会長。出来上がったものを見るや、案の上やっぱりな期待を決して裏切らない下ネタ(笑)で答える2さん。「左に曲がっている。これはつまり俺の○○○」と、さらにとんでもなく輪をかけるリーダー(爆)

 

4さん「なにカミングアウトしてんの!」

 

先輩二人の確かなボケの後、河野さんがちゃんと正解されました。

 

このときだったと思うのですが、2さんが会長に蹴られ、「久々の鈴井キックだ!」と会場が沸く。そしてその後4さんが、「元奥さん」というキーワードを上記の製作物に絡めた発言をし、会長にどつかれる。すると2さん、「俺にはキックで大泉にはやらない。差別だ…」とつぶやく。…いや、でも、キックはかなり加減して優しくしているように見えましたけど、どつきはわりと本気だったように見えました…(笑)

 

 

続いてはシゲさんが製作。ノニジュースを飲みたくないので、超真剣。私は出来上がったものがなにかさっぱりわかりませんでしたが、シゲさんが「そのまんまを答えろ!」とチームメンバーに要求。するとそのとおりに解釈した4さんが、一発で正解。あちこちから「ボケなくていいのか」と言われてしまう。

しかしきっとすべてはシゲさんにノニジュースを飲ませないため(!?)

この日もFANTANのコンビネーションは抜群で、シゲさんはあるとき4さんに「お前はもうボケるな! ツッコミだけしてろ! 俺はノニのせいでお前にツッコむ余裕ないわ!」などという発言あり。…つまりは「4へのツッコミは俺の役目」という責任感! 激萌えポイントいただきました。

 

次は、チーム内で答えを統一するゲーム。

鈴井チームへお題「ナックスで一番スケベなのは?」

見つめ合うワンツー! いつまでもにらみ合うワンツー!! 無言のせめぎ合いをするワンツー!!

結局確か、お互いがお互いを答えてしまい、そのうえ会長が「4」と答え、失敗。

 

4さん「なんでぼく!? この流れならワンかツーでしょ!? それにしてもいよりによってなんでぼく!?」

 

続いて4さんチームへお題「男性陣で最も危険な男と言えば?」

このゲーム、この夜の公演に至るまで、5さんがどうもことごとく外していたらしく、それまでのダンディーさがたちまちに消え、帽子を取り、しきりにおろおろと坊主頭をさすりはじめる。かわゆい…。

シゲさんまでが、しっかりしろよ!と励ましつつ、5さんの頭をわしゃわしゃとなでまわす。我、激萌えポイントすでにMAXで瀕死状態…。

いやもう、公演中時折、3さんと5さんがマイクが拾わないところでなにやら和やかにおしゃべりされていて、ああ、なんて素敵な世界だろうここは……と思いました。

頭ナデナデの甲斐あってか、答えが「会長」で一致でクリア。ここで一歩リード。

 

4さん「赤平の土地は、SHITAIを埋めるためにあります。事務所を辞めたメンバーが埋まっています。つまり大下は――」

一同「ジンギスカン屋やってるから!」

3さん「すると、最初はJですね」

4さん「Jはもう白骨化しているので誰だかわかりません。大下ならまだわかります」

 

 

続いてはジェスチャーゲーム。

ここで、この夜最大の爆笑事件発生。

先行の4さんチームに出されたお題が「ついに野菜と会話を始めたリーダー」

演者は4さん。

いざ、ゲーム開始!

 

4さん「おいいいいいいいいいいいいいいっっっ!!!」

 

たちまちに吹き荒れる爆笑とツッコミの嵐。ジェスチャーゲームでしゃべるやつがあるか!と。

しかし4さん、まるでなにが問題かわかっていないご様子。えっ、なにが悪いの…?と。いや、見ているこちらも、「…それはそうやりますよね。だってリーダーを出されたんだもの」と危うくなんの違和感も覚えない境地にさしかかっていました。

同チームのシゲさんから大目玉。だってノニがかかっている

 

しかたなく、急遽お題を変更。「ふんどし姿で除夜の鐘をつくチームナックス

 

…ところが4さん、途中までは順調に進めるも、なんとナックスのくだりで、その場にいるメンバーそれぞれを指差すという暴挙(笑)に!

 

またも吹き荒れるツッコミと怒りの嵐。「それはジェスチャーじゃない!」

しかしここで藤尾さんが声を大にして擁護「声を出さなかっただけええやないですか! 進歩やないですか!」 

熱心な涙ぐましい先輩への愛に、ちょっと胸を打たれたこの一ファン。

4さんもまた「なにが悪いの?」「ジェスチャージェスチャーでしょ!」「そもそもジェスチャーゲームのルールを知らなかったんだけど」(←そんなわけない)と強硬に主張。司会の北川さんと、わりとマジに見えるバトルが勃発。昔のドラバラ時代みたいな。

 

結局主張は認められず、ゲームは失敗。そのうえたとえチームが勝っても4さんだけはノニジュースの刑と決められる。会場からも異論なし(笑)

 

一連の流れ、私は久しぶりにおなかが痛くてならないほど笑っていました。

 

ようやく鈴井チームの番。お題は「釣りをしていたらクジラを釣った5」

これは2さんが演じ、実に無駄なく適切に、見事正解を引き出す。無論、5さんを指差すなどはせず(笑)、しかと離れ目ジェスチャーで明示。

 

CUEのジェスチャーゲームは、そう、終わってから一斉に答えるのではなく、演じているあいだに次々思いついた答えを言っていく型だから、一見難しいお題でも案外当てられることが多かったと思い出しました

 

こうしてすべてのゲームが終わり、両チーム同点に。ノニジュースの行方はじゃんけんで決めることに。

リーダーが進み出て、相手に5さんを指名。

 

リーダー「ハゲ」

5さん「ハゲにハゲと言われた」

 

じゃーーーん、けーーーーーーんがーーーーーくいそしむーーーー! と西高校歌に突入。我、二年ぶりの歓喜。どう考えてもやっぱり期待に応える西高コンビ、愛してるよーーーっっ!!

 

どうもここまでは段取りとして決めていたようですが、この夜は5さんがついつい最後まで歌い切ってしまい、肝心のじゃんけんをし忘れるという、うっかりトラブル発生(笑) リーダーから「お前…!」と指摘され、5さん、ぽかん……。

かわゆいでしょうが!! なに、ダンディぶっちゃって、やっぱり可愛いんでないの! 末っ子でないの!

しかしやり直しのじゃんけん、一度のあいこの末、ついにパーでリーダーに勝った我らがナンバーファイブ! 見事シゲさんをノニの脅威から守り抜いたナンバーファイブ! やっぱりカッコ良すぎですわ!! あれぞ漢ですわ!! 惚れ直すというかこれ以上どう惚れたらよかとですか……!!

シゲさんと抱き合っていたような光景は幻だったでしょうか……。とにかく我が激萌えポイントはめでたくカンスト超えで天に召されました……(本望)

 

鈴井チームが、4さんごとノニジュースをくらい、さらに次の「水」で二段構えを喰らい、ゲームのお時間終了。

 

楽しすぎてヤバかったです……。

 

この時間だったかもっと後だったか、ステージ上で手の空いたリーダーがしきりにこちらのほうに目を合わせ、うなずいてくださったり手を振ってくださったりまでして、わたくしめは二年前にオトサマにひっそりうなずきを返されたときと同じような至福のひとときを味わいました(あくまで、「こちらのほうに」だからっ! でも、思うだけなら自由だからっ!)

 

去年もおととしも、母にはもっとずうずうしく行けばいいのにと言われたものですが、今回は今回で最初の事件があり、終演後にまたも同じことを指摘されました。でもいいんだ…、今回はシゲさんがあたたかい手を合わせてくださったから……! 進歩であり、なによりすばらしき幸運ではないですか…!!

ちなみに写真撮影のときは、だいぶ後方に並んだために全員をレンズに収めることができず、ほかのお客さんの腕や指のあいだから、ヘビメタ(?)な顔つきのトザくんばかりとらえるという結果に…。(いや、トザくん好きです!)(写真撮影を二チームに分けるとはつまり人が増えて、めでたいことですね!)

 

 

さて、スクリーンに映画の予告や新情報の解禁が映るたびに沸く会場。それから抽選会へと続きました。

 

リクエストに応え、首を絞める国王陛下がハイライトだったでしょうか。

4さん「(当選者の方も)負けず劣らず変態ですね」

 

2さん賞には4さんファンが、4さん賞には2さんファンが当選する事態発生。

 

ここに至るまであまり書いていませんが、わりと見つめ合い、にらみ合い、言い合いかけ合いのゴルゴコンビは見られまして、現場に居合わせたことはないですけれども、更新特典DVDなどを見るに、いつ喧嘩が勃発するかとワクワク……いやドキドキしながら待ち望み……いやただ眺めていました。

 

我が個人的備忘録には「暴力沙汰!? 一触即発の24!」なる文字が残っています(ホテルの部屋に引き取ってから書いたもの)。

いや実際、お互いがお互いの背後に立ち、あわやあわやあわわ……という気配があった気がしましたが、なにが起こるかわからない、そんな緊張感がこのコンビの醍醐味ですわな!

やはり本当は仲睦まじきお二人のツーショットを、スクリーン越しながらカメラのレンズに収めてまいりました。満足。

 

美しい照明と共にウインターソングを歌い、終わりの挨拶をして、さらにもう一曲歌って、今年のふぁんみは終了となりました。名残惜しく、あっというまでした……。

 

リーダー「(娘は)俺に似て可愛いです」と幸せそう。それから下町ロケットの話をば。

私も観ましたけど! リーダーすばらしいですな! 演技も出番も! ワンツーの共演シーンとか貴すぎて最高でしたな! えっ、年明けにかけてまだある可能性が…!?

 

ああ、オクラさん、20周年ツアーかぁ…。いいなぁ…。全国お笑いライブツアーとかもやってくださらないかなぁ…。

お二人の話をうかがうに、北海道でも二人並んでそろってのお仕事はなかなかないらしく(言われてみればそうなのかも)、ツアーを楽しみにしているとのこと。

まだ日程も発表になっていないけど、会長がついていくという時点であやしい予感はするけれども(笑)、楽しいんだろうなぁ…。行きたいなぁ…。

 

 

諸々書きましたが、記憶違いや勘違い等、大いに不正確な部分があるかと思います。とくに会話台詞は、だいたいこんな発言という記述です。ご注意&ご容赦を…!

 

 

しかし今回は、私にしてはよく覚えてきたほうだと。

 

そして最後、ハイタッチでも思わぬ個人的事件が……!

 

例年と変わらず、実に丁寧で優しく、もはやタッチではないハイタッチをしてくださるNORDの皆さん。

 

こたびは「この機会に伝えたいことを伝えよう!」などとは考えず、「ありがとうございます」とだけ伝えようと思っていた私でしたが、パフォーマンスを拝見したときから思っていたのですが、眼鏡姿の舟木くんがカッコ良いし、目立つ……!

 

それで、「眼鏡素敵です」と思わず述べましたら、舟木くん、一瞬意外そうなお顔をした後、あらためて眼鏡をくいっと上げてくれるサービスをしてくれまして。

私はうれしいやら恐縮やらだったんですけれども、後ろから聞こえる「立ち止まらずにお進みください」の声に内心あたふたしました。これ、絶対私が迷惑かけているヤツだ…と思って。

それで次にいらっしゃった島くんには、案外時間は長かった気がするんですが、「ありがとうございます」のほかなにも言えず(「大変だったね」「歌すばらしかったです」とか言いたかったなぁ…)、あわあわと前に進み、そうしたらなんと、思いがけずキュープリムスのお一人が、おそらく李苑ちゃんだったと思うのですが、「おしゃれー!」とお声をかけてくださって、我、軽くパニック。

えっ、元SKEのアイドルさんが、この、三十代も半ばで、色々ダメ人間な女に、「止まらずにお進みください」と注意までされている中で、わざわざそんなお言葉を……!?

感激のあまり思考停止。

ありがとうございます。

もう十数年前にハワイ旅行した親が買ってきたオフショルダーのワンピースという恐るべき格好でした(無論、ボレロ着用!!)(たぶん数千円相当)。数回しか着られていなかったし、なによりもう年も年だし、もうこのファンミを機に引退させようと思ってかぶっていきました。でも考え直そう(おい!)。

 

言葉をいただくって、やはり本当にうれしいしありがたいものです。日が経った今もあたたかい気持ちになります。

そうであるならば、自分もまたできるだけ良い言葉を与えられる人間でありたいと思いました。この機会に教えられた気がしました。

 

そんなことがありながらもなんとか正気を取り戻した私は、なんとかナックスさん5人と会長と、これまでになく確かな意識でもってハイタッチしてきました。全員と目を合わせられたと思ったのは初めてかもしれない…。

 

…来年分の運をもう使い果たしてしまったかな……。

 

オトサマはnoちゃんフィギュアを振ったらうなずいてくださったように見え、4さんはこの三年ではじめてばっちりの笑顔で目が合い、シゲさんには「ソロプロ行きます!」とかすれ声で申し上げ、2さんは身をかがめて乗り出すようにまでしてくださり、リーダーはあたたかな大きい笑顔で手を受け止めてくださり、会長も優しい微笑みとともに送り出してくださいました。

 

幸せな思い出でいっぱいです。感謝。

 

帰ってきた今は、年末のあわただしさがありますが、とても気が晴れた心地でいます。発散できたものが確かにあったのだと思います。

 

あらためまして、CUEの皆さんが大好きだーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!