A.Banana.S

古代ローマ、NACSさん、ドートマンダー・・・好きなことをぽつぽつと。

ニューヨークの思い出。

我らが世界のMr. オイズーミがフォトダイにアップされた写真に触発されまして、私も十数年前の思い出を引っ張り出しました。それにしてもなんというセレブな場所からセントラルパークを撮っておられるのか! さすがですわ!! セントラルパークってあんなに美しく紅葉するんですね! 

 

一方、以下はわたくしめ、大学をようやく卒業と相成った貧乏女子が、冬のニューヨークに人生初の海外旅行を決行した際の、写真の写真です。

無論、ぼっち旅だったよぅ!

恐怖と緊張のあまり、具合が悪くなりかけました。

 

ほんの数日間でした。今でも覚えている小さな事件は…… 

 

・びびりすぎてレストランに入ることができず、ほぼスーパーと日本から持参のカロリーメイトで食いつなぐ。

・日暮れ前早々にホテルに引きこもる。

・メジャーな観光場所に行けない。

・会話は避ける。

・なのになぜか道を尋ねられる。

・勇気を出して入ったお店のテイクアウト用スープがめちゃくちゃおいしくて生き返る(久しぶりの温かい食事)。

・セルフのカフェで危うくトレーをひっくり返そうになり、黒人のお兄さんに優しく話しかけられる。

・地下鉄コワイという思い込みで、もっぱらバスに乗る。

・そして案の定乗り間違える。でも運転手さんに教えてもらう。

・本屋さんをめぐり、入り浸り、ドートマンダー&パーカーシリーズの原書を探しまわる。

 

そう、つまり旅の目的は、

 

念願の「ドートマンダーゆかりの地めぐり」でございました。

 

臆病大学生(当時TOEIC500点台)は、そんな実にオタクな理由から、初めての海外旅行に独り出かけていきました。

 

以下、写真複数。

 

 f:id:Anridd:20181128031646j:plain

…あれ、あんま人いなくないですか……?

雪が…かなりありますな。まるでうちの地元やないですか。

 

 

旅の拠点は、ユニオンスクエアでした。この写真…のはず。

 f:id:Anridd:20181128031726j:plain

 ホテルがすぐ近くにありまして、大きな本屋さんもありまして、ずっとここをうろうろしていましたっけ。

ドートマンダーとメイが住むアパートメントの住所が、確か東19丁目なのですが、私のこのときの宿泊場所がホテル・セブンティーンというのですよ。めっちゃ近くじゃないですか! とテンション上がりまくりでした。

 

この後無論、ケルプどころかアーニー・オルブライトのアパートメントがあることになっている場所まで歩いていき、独りひっそり悦に入っていた女子大生、いや、ただの怪しいオタ女。

 

ケルプとバーナード・クレマツキーが食事していたお店が、本当にあった!!とか、(本当です)f:id:Anridd:20181128031819j:plain

 

 

教会の後ろの、あれがJ・C・テイラーのオフィスがあるアヴァロン・ステイト・銀行タワーだな!!とか、(住所はこのあたりのはずですが、実在ではありません。モデルですね)

 f:id:Anridd:20181128031841j:plain

 

 

うわああっ!! ここはドートマンダーとケルプとクワークが、噴水の音を利用しながら話をしていたペイリー公園ではないですかー!!とか、(また本当にあった)

 f:id:Anridd:20181128031925j:plain

 

 

……そんなんばっかり考えながら、マンハッタンの冬道をうろついておりました。

 

 

…本当にニューヨークです。

 f:id:Anridd:20181128032010j:plain

 

 

彼方に自由の女神。(臆病&金欠のため、近くまでは行けませんでした…)

 f:id:Anridd:20181128032058j:plain

 

 

タイムズスクエア

 f:id:Anridd:20181128032123j:plain

 

 

セントラルパーク。

 f:id:Anridd:20181128032150j:plain

 

そう、ドートマンダーとケルプが、何度も肩を並べて歩いたセントラルパーク!!

 f:id:Anridd:20181128032216j:plain

 

こうしてベンチに腰かけて、次の仕事で召集する仲間選びをしていたわけですね!! 

「ラーツはどうだ?」

「奴はだめだ。飛行機とぶつかりやがってな」

「ホイッスラーは?」

「だめだ。ライオンを逃がしてとっ捕まったんだ」

 

……おや、私の隣にも相棒が……。

 f:id:Anridd:20181128032251j:plain

セントラルパークもユニオンスクエアもですが、街中の公園に普通にリスがいて、しかもこんな近くに寄ってくるのが、ものすごく新鮮な驚きでした。

 

ちなみにかの悪党パーカーは、このセントラルパークに妻の亡骸を――(以下略)

 

 

…そうそう、そしてセントラルパークの傍らにあるこういう建物が、『Watch Your Back!』 でドートマンダー一味が盗みに入ったところの――!

 f:id:Anridd:20181128032339j:plain

 

そんなことばかり考えておりましたっけ。

 

帰りの飛行機では、旅の戦利品である悪党パーカーの未翻訳作『Break Out』を夢中で読んでおりました。

 

あと、お土産に買ったキスチョコがおいしすぎて癖になりました。

 

ニューヨーク旅行といい、イタリア旅行といい、半引きこもり女を一人海外旅に駆り立てるのは、いつもオタクな欲望です。それにしてもドートマンダー旅行はマイナーにもほどがあったか。

 

そう、そうだ……このころは古代ローマも知らず、チームナックスも知らず、内定ももらえて、まだぎりぎりまっとうな道からこぼれ落ちてもおらず……(遠い目)

 

結局同じ年のうちに無職になって、病院通いして、バイトしたものの続かず、自立支援センターのお世話になって……(遠のく意識)

 

ま、まあ、生きていれば良いこともありますわな!!! 案外、いっぱい!!!

 

と、ずぶとくアラフォーに足をかけつつある今思います。

 

たとえお先真っ暗であろうと、捨てずに良かった十数年間でした。

 

 

ところで、この時期の諸々の写真を出してみて気づいたのですが……、

 

恐ろしいことに、十数年前と同じ服を未だに着ている。(※家の中だけだけど)同じバッグをまだ持っているどころか、たまに使っている。(※普通に外出用)

 

物持ち良すぎ…。いや、いいかげん処分しろ、この貧乏ドケチ!(笑)

 

安くても、なんというか、年齢相応のものにそろそろ買い換えるとか、いわゆる断捨離というやつをするとか、考えねばなぁ…。

 

……なんとか予算を用意しよう…。(希望)