A.Banana.S

古代ローマ、NACSさん、ドートマンダー・・・好きなことをぽつぽつと。

打ち上げ花火(三年ぶり二度目)

 

 タイトルは『ピュートドリスとティベリウス

 

 

 

以下、前書き

 

**********

 

古代ローマ帝政初期。第一九五回オリュンピア競技祭が近づく地中海世界。『ティベリウス・ネロの虜囚』に続く、歴史フィクション二作目。

 

 

ポントス女王、カッパドキア王妃、ピュートドリスには、長年あこがれ続けている男がいた。ローマ将軍ティベリウスクラウディウス・ネロ。十三歳の春、あの運命の出会いから、一日も忘れはしなかった。

月日が流れ、二十年後、思いがけない機会を得たピュートドリスは、ついにかの愛しい人に会いに行く。引退中のティベリウスは、なんとオリュンピア競技祭へ向かう道の途上だという。折しも次期ローマの「第一人者」確実とされる若きガイウス・カエサルが、東方世界を訪れているところだった。

因縁深い隣国の女王デュナミス、優しく気さくな叔母クレオパトラ・セレネ、夫アルケラオスと可愛い子どもたち。すべてを巻き込んで陰謀が渦を巻く。

 

ピュートドリスはティベリウスとの再会を叶えられるのか。その愛の成就は――。

 

甦りしアマゾンが、今、歴史に名を刻む戦いに立つ。

 

 

「ポントス女王、アントニウスの孫、世界であなただけなんだ!」

 

 

 

**********

 

……続編であるのに、三十年も時間が経過しております。

 

第一章一節と二節をこのブログに掲載します。続きは『小説家になろう』サイト様で公開します。(無料です)(https://syosetu.com/)(https://ncode.syosetu.com/n6661ez/ )

 

前作同様、この場に参考地図を載せていく予定です。

また、前作の段階で、私の調査と考察が足りなかったため、前作も巻き込んで修正しなければいけないところが出ました。(現在、二点)

訂正記事を後日、上げさせていただきます。申し訳ございません。

 

長い小説ですが、少しでも読んでいただけたら幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。