A.Banana.S

古代ローマ、NACSさん、ドートマンダー・・・好きなことをぽつぽつと。

あと少し。。。(二作目の件)

数日中に上げます。

 

恐怖の44万字……。(前作66万字)

 

 

…………オレの馬鹿っ!! 馬鹿っ、馬鹿っ――(以下、探偵風に)

 

 

「誰得?」という言葉と闘い続けた3年、いや、5年でありました。

 

今も需要とか面白さとか、正直自信がありません。

前作は、謎の根拠のない自信のなか書き上げましたが、今回は、まったくそれを当てにできなかった。これぞ二作目ということでしょうか。

とはいえ、そんな私でも仕上げることができそうです(現在必死&大汗)。

 

あちらのサイト様で、コメントや評価やブックマークをいただいたことが、どれほど励みになったかわかりません。アクセスを見るたびに踏ん張れました。心より、感謝申し上げます。

 

前作の書き終わりの段階で、漠然とした構想はあったのですが、それから舞台が代わり、主人公が代わり、書きはじめてはみたものの、「……これ、もう無理でないですか?」と何度も思いました。

 

いや、長かった。三年五年はかかりすぎでした。

でも二作目の壁は破ったのだから、その次はもっと素早く書くことができるのではないかな、と早くも楽観かつやる気です。

 

もう怖いものはない。次もその次も書いてみよう。……我が生活が立ち行かなくなっていなければ(笑)

 

けれども、ひとまず、そんな自信のなさとか感慨とか現実は、ここで脇に置きまして、

 

とりあえず、言ってしまおう。

 

 

 

「書いちゃったぜ! 古代オリンピック!」

 

 

 

 とはいえ、前作より恋愛要素が強く、それもこれ書けるんかな...我、と思った理由の一つです。

 

今回は主人公ではないものの、 ティベリウスがいつどんな感じで登場するか、ぜひご期待ください(^○^)

 

 

次の記事で、タイトルと前書きから上げていきます。