A.Banana.S

古代ローマ、NACSさん、ドートマンダー・・・好きなことをぽつぽつと。

最高の我得。

 

……それでも、『アクロイド殺し』は、未来永劫、ネタバレを書くべきではないとの信念を持っています。

 

 

 

……持っているので、その一事だけ書きませんが、どう考えてももう書いたも同然の文になることは明白なので、以下、くれぐれも閲覧ご注意願います。

 

 

『黒井戸殺し』の感想です。

 

 

 

 

原作ファンであり、FC会員レベルのファン……

 

 

 

……我得でしかないよね!!??

 

 

が、ドラマ第一報を聞いたときの所感でした。

 

で、前も記事にしましたが、

 

まず、お前また名前間違ってるね!!!(恥)

 

しかも柴平じゃないよ、柴だよ。ちゃんと正確に読んでおこうよ!(このごろの深刻な読解力欠如)(本当に物を書いて大丈夫!?)

 

 

……まあ、それはさておきまして、

 

 

すべての俳優さんの中から、もしも万が一キャスティングを決めてよいと言われたならば、絶対に大泉さんにお願いしますわ!!! これ以上の人なんていないよ! 最高ですよ! 脳内実写化が果たされたような心地ですよ!

 

もう、放送前からニヤニヤが止まらなくてたまらんかったですよ。

 

 

以下、視聴中、もしもツイッターをやっていたら書き込んだ、メモ。

 

■■■

だれが犯人でもおかしくない、超豪華な俳優陣。

(これは確かに、ネタバレしてないかぎりわかりませんわ)

 

初っ端から、原作を彷彿。

 

真田丸』感、覚えないほうが無理。洋さんと藤井さんのやり取りで、もう無理。(喜んでいます)

 

姉、無双。

 

いやいや。

 

いやいやいやいや。

 

BARERU!  BARECHAUYO!

 

冷泉秘書、GJ! ヘイちゃんになって!

(寺脇さんのヘイスティングスとか素敵じゃないですか…?)

(あっ、え、亀ちゃ……)(いや、全然違いますって!)

 

やっぱりこのポワr、、、勝呂さん、おもろ、、、いや、おかしいですよね(笑)

 

鍋焼きうどん。なぜに!?

 

団らん。むしろ切ない。。。泣く。

 

伏線、もっとさりげなくてもいいんですよ(笑)

 

……あれ、こんなに泣きそうになるお話だったっけ…?(涙)

 

 

■■■

 

終盤が! ラストが! 圧巻でしたな!!

 

ダークポワr……いや、勝呂さん!

 

これぞポワロでしたな!!

 

あんな名探偵、日本のエンタメではほかに見られないんじゃないですか?

 

それ以外の道を断ちましたよ!

 

いや、原作どおりの、すばらしいラストでした。

 

そして最後のシーンは、この一読者&視聴者としては、ある意味原作越えだった!

 

萬斎さん、前の紫平の記事で、「無理だった。ポアロじゃない」とか書いてすみません。

…いや、ほぼほぼやっぱりポアロではない気がしましたが、

ラストシーンは、あれは間違いなくポアロだった! 『カーテン』にまで至る、名探偵ポアロだった! そう思えました。感動しています。

あれは、原作では、トリックの都合上、描けないシーンです。それを入れてきた。

 

あの、苦悶よ! 

 

この名探偵は、そうなることを厭わない。いや、そうする以外の選択肢をついに考えつけなかった、灰色の脳細胞への無念か。

 

罪を、悪を、背負うということ。

 

人間らしさ。強さと弱さ。孤独。

 

この場面に、最も映像化をした意義があったと思います。(←お前、何様だって話ですが)

 

 

それで、我得の半分以上を占める、大先生ですが、

 

原作に忠実、かつ、大泉さんが演じるからこその、愛おしさ。そして際立つ意外さ、酷薄さ。

 

しびれましたな。

 

シェパード氏に泣かされるとは思ってもみませんでした。姉を見るあの目の切なさよ。

 

夢にまで見たあの二人だけのシーン。正直、細部は忘れていて、ここしか原作覚えていなかったくらいだったのですが、訳は違えど、ちゃんと「あなたは狂っている」を言ってくれた。もはや脳内実写化ではない。その一連のシーンの表情ときたらまた…! 自分の語りが流れるあいだ、ずっと口を閉じたままの、あの細やかな変化。これぞ大先生の実力……!!

語りの最後はもう、原作をなぞるかのようでしたな。

 

何度申しても足りないです。この世にこれ以上のシェパードはいない…!!!

 

大泉さん、ありがとうございます。出会えて、ファンになれて、幸せです。

『妻の女友達』といい、たまたま原作を読んでいたこの一ファン、2倍2乗200%の楽しみをいただきました。

 

……以前、フォトダイに上げられていた、とあるお写真を見た時、「この方がいちばん怖いし、強そう…」と思ったものでした(仁義なき、の)。この冷酷な顔のまま、殺し屋の役とかなされたら、もう――(昇天)

 

 

そして三谷先生、ありがとうございます。

 

夢がかないました。

 

 

 

……このところもぐっておりました。

 

忘れていたわけはない。

 

45歳になられた、洋さん。新しい年も、心を込めて応援しております。

すでに映画二本、観にいく用意は整えております。

『どうでしょう』、新作来るのかな……?

 

 

そしてつまりは、四半世紀、ですか……。