A.Banana.S

古代ローマ、ナックス兄さん、ドートマンダー・・・好きなことをぽつぽつと。

雑記ぼそぼそ。

 

も、もうだめだ・・・・・・、スマホが。

 

いや、ラインもなにもインストールできないという、今どき信じ難いスマホで(本当にスマホ?)、これまでとことんまでに時代に取り残されまくってきたのですけども。

 

それが先月末、とうとう某サイト様まで見れなくなりまして。

 

他人様のページならまだしも(ブロックされたのかもしれない、とかね)、自分のページまで見れないってどういうわけですか(泣)アカウント停止!? なんか悪いことしましたか!? だったらひと言警告していただければ・・・。

 

いや、まったく見れないわけではないので、たぶん上記のいずれでもないでしょう。このブログでいうところの、管理ページまでは行けるけれども記事の編集ができない、みたいな状態です。そしてPCからはまだ閲覧できる。かろうじて。

それにしてもまいりました。テキストが一切映らないんですもん。

 

キューモバの動画が見れなくなってしばらく経ちますが、ついにあなたもですか、な事態です。

 

あきらめるか。あきらめてスマホ替えるか。

 

ああ、はい、もちろん、そうしたほうが自分のためです。でなくとも情弱極まれりなのですから。

 

お、お金が・・・・・・(号泣)

 

 

 

さて、『スマートモテリーマン講座』、公演日程が発表になりましたね! 楽しみです! 

 

・・・が、せっかく近くまで来てくださるのに、どうにも休みが取りにくい。取れたとしても日曜祝日ばかりで、チケット競争率が厳しそう、と、最上級の行きたくても行けないかもしれない感におそわれております。この暇人フリーターが(苦笑)

 

なんとかなってほしいっ・・・!(欲)

 

安田さん、丸二ヶ月の全国公演、あいだにファンミ、それからたぶんすぐに本公演の稽古、ですよね。・・・ハードですわ。

 

この一ファンもちょっとは我が身を省みて、次にお会いする時までもっと働かねば。

 

やっぱり行きたいもの!

 

 

 

とはいえまだまだシャキッとしないこのごろを過ごしておりますが、

 

先日、『たたら侍』観てきました!

 

うーん、来週でもいいかな?とか思ってたら、なんともう上演終了!? たった二週間で!? しかも一日一回しか上演しないですと!? しかも平日も昼だけ!?

 

儲けが見込めなさすぎですか、うち地方!? LDHさんのファンたくさんいらっしゃるんじゃないですか?

 

列車も走るし、ハリウッドまで行かれたんだしと油断しておりました。大慌てしました。

 

上演するだけありがたい状態だったわけですね。

 

・・・まあ、確かに、うち地方はだいたいどの映画も座席に余裕があってしかたがない感じですけれども(私が行くような時間帯は、とくに)。

 

ナックス兄さんとCUEのライブビューイングのときは、満席状態を初めて目にして驚きましたっけ。

 

 

さてさて、簡単に感想を書かせていただきますが(ネタバレご注意願います)、

 

ここ最近、百パーセント音尾さん目当てで出かけたという共通点のため、奇しくも『無限の住人』との対照を考えてしまいました。どちらが良いとか面白いとかではなく、興味深いと。

 

両作品とも時代物であるわけですが、片やエンターテインメントに振り切っていたのが、よくわかりました。本来、比較するものではないのかもしれませんが、それでかえって新たに『無限の住人』の見どころや良さも知らされた感じがします。

 

一方、『たたら侍』は、その可愛らしげな名称に反して、実にシビア。ストイック。

 

なぜならまず笑いどころが、ほぼ一切ない。

そして全体的に台詞が少ない。主人公をはじめ、登場人物の多くが、しゃべらない。もっとコミュニケーションとったらいいんじゃないのか、村人諸君、と余計なお世話ながら思ってしまった次第。しかしそれがまた村社会らしいところなんでしょうか。

さらに、主人公のわかりやすい見せ場をつくらない。つくろうと思えばいくらでもつくれるだろうに、徹底してつくらない。どこまでもストイックに、一貫している。

 

監督自ら脚本も手掛けておられるためでしょうか。

 

いや、LDHメンバーさんのことをほとんどなにも知らず、勝手な思い込みもあったと思いますが、意外でございました。

鑑賞後は、不思議という所感です。決して悪い意味ではなく。

 

 

音尾さんは、ど迫力度――『無限~』>『たたら侍』 

      可愛いさ――『たたら侍』(思わず「タクちゃ…仙吉さん、カワイイ」と悶えつぶやきかけるレベル)

 

上記二要素は、とても同一人物とは思えない、さすがの演技。

 

      筋の一貫性――『無限~』

             『たたら』はちょっと謎がありました。

      名残惜しさ――『たたら』

             『無限~』はあのシーンで「いよっ! 最高!」と満足感いっぱいになりましたが、『たたら』は、「だめだ、愛おしい。もうちょっと観ていたいのに…」という気持ちになりました。

 

 

 

……とまあ、おかげまでこのごろも幸せに過ごしております。

 

 

あと最近、夢中なのが、『ラブホの上野さん』!

肝心(?)の漫画をちゃんと読んだことがないのですが、まずコラムのファンです。年齢だけ未だに信じられないのですが(ごめんなさい)、舌を巻くしかない文章力、言葉の迫力、そして洞察力。世の人々にしてみたら今更なにを・・・かもしれませんが、今日も圧倒されております。

 

そしてドラマ。BSフジでゆっくりと、でも毎週待ち遠しがっています。たぶん今季いちばん楽しく観ている作品じゃないか。兄さんがた関連以外で、久しぶりに。

回を増すごとに、本郷さんの顔芸(えっ?)がエスカレートしていく・・・! ハマり役にもほどがありませんか。ええ、たぶん、シゲさんが出演されていた『カッコウの卵は誰のもの』以来だったと思いますが、素敵です。もしかしたら今後しばらくどの本郷さんも上野さんに見える現象になってしまうかもしれませんが、そう観る側に思わせることがすごいですよね。これは続編つくらないと!

一条君、あんな可愛い子がモテないわけないじゃん! 百歩譲ってモテなかったとしても、友だちたくさんいるに決まってんじゃん! ・・・と毎度突っ込まずにはいられないのですが、やっぱり可愛い。微笑ましい。そのお人好しぶりに、つい応援してしまう。

 

ドラマはとくに男性向けの恋愛指南なのですが、確かに、確かに、そうそう、こういう男性には惚れるよ~、とうなずくことが多く。

 

不肖わたくし(もちろん非モテもう女子でもない)ももっとがんばらなきゃなぁと思う次第です。

こじらせにもほどがある、手遅れ案件かもしれないですけれども(苦笑)

 

出歩け! まずは出歩け!

 

それから書け!ってね。(で、今年も転職シーズンを逃してしまったんじゃないかい?)