読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A.Banana.S

古代ローマ、ナックス兄さん、ドートマンダー・・・好きなことをぽつぽつと。

まだ寒いよ~!の近況や『BONES』感想。

今月に入ってでしたか・・・ある日、学習塾のエラい人が、なぜか私の夢に登場されました。

それに続けて、もリーダーとなぜか野菜を買いに行く展開となりました。

 

目覚めたら、リーダーが学習塾のCMに起用されたニュースが飛び込んでまいりました。

 

 

。。。。(゜ロ゜)

 

 

アルンデスネ、コンナコト。

 

リーダーにオンライン授業していただく夢を見る日も近いかもしれません。

 

うれしっ!!!

 

それから昨日、安田さん帰途のつぶやきに、思わず「やったぁ!!」と独り言てしまいました。

なんだ、だからってお会いできるわけでもないけど、やっぱり元気で日本にいてほしいんですな。当たり前だけど。海外のお仕事も楽しみだけど。

『嘘の戦争』今週で最終回ですかぁ。わくわくっ! 楽しみ!

 

・・・いや、嘘です。さっき録画したのを無事視聴し終えました(笑)

 

あの目!! あの悪い笑み!! 晃兄さんのくせにっ!!(笑)

 

と、とりあえず、感想は今書かないことにしますが、最高でございました!! 観ていてよかった!!

 

あ~、後でもう一回観よっ!

 

 

もうちょっと待たないといけないけど、『死の舞踏』も楽しみ! 今最も明確な生きる理由!! オトサマ~vVvV

 

あとは『おにぎり~』を毎週の楽しみに。

シゲさんが最近の出来事とか、世の中へ物申すこととかを、熱心に話しているあいだ、洋さんの(・・・どう面白いこと言ってやろう)と考えながら、きっとものすごく頭をまわして、聞きに徹しているときの無表情が好きです。

次になにをおっしゃるか・・・!?(*^ ^*)

 

『おにぎり~』では、シゲさんがボケると言いますか(たぶんほぼ意図的でなく)、イジられると言いますか、やっつけられる側になることが多い気がしますが、

ナックスさん5人でいるときは、突っ込みばかりかフォローも欠かさない。そこにまた惚れます。

シャキッとキリッとのイメージがあるシゲさんですが、5人そろっているときがいちばんやわらかい表情をしていらっしゃるなあと、このごろ思ったり。

 

と、相変わらず兄さんがたを愛しがっております。

 

 

 さて、次はただの私事で、この日・月曜ですが、久々の超絶鬱の闇が来て、独り散々な眠れない一夜を過ごしました(苦笑)しかし後でしっかり眠って仕事行ったら、だいぶ収まりました。

食って寝てればなんとかなるんですね。引きこもり時代は毎日泣いていたものですが、このごろは泣きたくても泣けなくなりました。自分のことでは。

一方、ドラマを観るときなんかは、自分でも驚くほどあっさり泣くようになりました(笑) たまたま一話だけ観たドラマのベッタベタな展開に、あっさり陥落とか、ね。

でも某サイト様で、「感情的なときはなにもするな」とあるのを見たことがあるので、しばし大人しくしていようと思います。・・・ってこうして記事書いているわけですが(笑)

感情的だからこそ、なにかせずにいられなくなるんだよなぁ。わかっちゃいるけどそれでなんど失敗したことか(笑)。空回りして、馬鹿やってきたことか(笑)

このたびは主に、自分が腹立つレベルのお人好し(笑)をくり返す→勝手に疲弊する&被害者意識全開という負のループに、自分が嫌になりつくしました(笑)

冷静になりたい(^_^;) 

無理するなって、言ってもらったのに、無理してみないと無理ってこともわからないってことですかねえ。だって取り組み中は自覚ないですから。これでいいって、もうちょっとできるって、思っていたんだもの。

少し頭を冷やそう。

・・・しかし機嫌良くお人好しでいるほうがおおむね良いことがあるんだけど、そして無論周りの反応も違うんだけど、これは偽善・・・!? 自己欺瞞!? それともただの気分屋!?(笑)

 

・・・変えたほうがいいかもな、いいかげん。

 

 

さてさて、今季もうひとつ楽しみにしているのが、海外ドラマ『BONES  シーズン11』 いつかも書いたかもしれませんが、シーズン1から欠かさず観ております。

 

以下、ちょっと内容に触れます。ご注意。

 

主にシーズン最終話に爆弾を落とされるか、あるいは大変後味の悪い引きずり方をされ、ドラマメンタルが鍛えらえまくります。主要キャラクターの身になにが起こるか、毎回油断できません。シーズン初めや途中でも、あんなことやこんなことがあり、何度も心折れそうになりますが、それでも観続けております。それがなぜなのか、このごろ気づきました。

パートナーシップが魅力的なんですよね。

今更。いや、私などがこうしてあらためて言うまでもなく、物語はボーンズとブースのパートナーシップが主軸となっているんですけれどもね。

この二人もさることながら、素敵なカップルが次々と。

 

比較的平穏な今シーズン、試練を迎えたホッジンズとアンジェラ。別れを蹴散らすアンジェラ、最高でした。勇気をもらえます。ホッジンズの演技も感服するばかり。絶望の底にいるときの、シーズン初期を思わせる酷薄さ、鋭さ、そしてやはりラボのキングに戻ったときの、あのキラキラした目。満ちあふれる輝き。その陽気さが本来の彼だけどその裏にはまだ――という感じが絶妙です。

 

カムとアラスト。私は何度も「アラスト死ぬんじゃねぇか?」とびくびくしながらシーズンを乗り越えてきたのですが、良い男すぎて本当にカムがうらやましい。あんなセクシーかつ有能でロマンティストで思いやりのある男に愛の詩を詠まれてうらやましい。そしてカムってばなんであんなにスタイルが良いんですか、うらやましい。

 

オーブリーとジェシカ。前シーズンと比べてなんかやたらハンサムになった気がするオーブリー。今後はもうブースを食う勢いで活躍しそうなオーブリー。今シーズンあんなことがあったのに、なんでキミだけピンピンしてるんだオーブリー(笑) いや、もう、普通にかっこいい。馴染んだどころか、ずっと見ていたい。ジェシカとのキスシーン、狙いすぎかもしれないけれど、良かった。

 

、、、なーんて、語りだしたらきりがない感じです。(ボーンズのモンペぶり→話の終わりにはなぜか素敵な母親に変わる、とか(笑))

 

それも今シーズンが今のところ比較的穏やかだからか、前シーズンは初っ端から大爆弾を落とされましたもんね、、、。

 

このあいだ、ザックのこともナイジェルマリー君のことも、忘れられていなかったことがわかり、心なぐさめられました。そう、人物を一人一人大切にする。名作に不可欠。

それにしてもザックはもうなんともならないんですか、、、?

 

男女のパートナーシップで最上級に好きなのが、『BONES』シリーズにこれでもかと詰め込まれていて、それが長年目が離せない理由です。

 

今週末がシーズン最終話でしたっけ? ま、またなにか落とされるのかな、おっそろしいのが・・・(ガクブル)

 

 

男女パートナー、日本の作品では、『シティーハンター』のリョウと香が、未だ自分史上ゆらぎません(リョウちゃん漢字変換が、、、汗)。

 

 

それにしてもどんなヒロインが魅力的なんだろう、と考えるこのごろです。

 

昔、先輩がおっしゃってたんですよね。「登場人物が男だけでも面白い作品はできるけれど、女だけではできない」と。

それが悔しくもあり、けれども難しいのもよくわかり。

いや、あると思いますけれどもね、もちろん。ただ、難しい。

男性に見てもらうのも難しいでしょうね。いや、若い女の子ばかり登場とかなら話は別!?

 

そのうちなにか、つらつらと書いてみようかな・・・。