読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A.Banana.S

古代ローマ、ナックス兄さん、ドートマンダー・・・好きなことをぽつぽつと。

「カメタク」、観に行ってまいりました。

映画 ナックス兄さん

 

先日ようやっと、安田顕さん主演映画『俳優 亀岡拓次』を観てきました。休みだったので、近県までドライブ遠征を。

 

少しだけ内容に触れますので、ご注意を。

 

 

 

 

とっても素敵な映画でした! 安田さんの演技に引き込まれ、時がたつのも忘れて見入っていました。基本的には亀岡拓次が安田さんそのもののように思うことはなく、ちょっと似ているところがあるけれどやっぱり違う人物だと思いました。当たり前っちゃ、当たり前ではありますが。でも、ハマり役ですね、確かに。

 

ただ、バイクに乗るシーン。ちょこっとですが、実際に運転していらっしゃる場面だと、安田さんの数多くの伝説を目にしてきた身としては、無性に心配になってしまうという・・・。そういう時だけ、安田さんであることをものすごく意識してしまい、『man hole』のときも、「そんなに猛然と自転車こいだら危ないよ、ケンちゃん!!」

「転ばないでね、ケンちゃん!!」と、つい胸中で叫んでしまうという・・・。

 

 

そして・・・・・・なんというか、こう言っちゃなんなんですけれども、身につまされると言いますか・・・。

いや、そんな重い話ではまったくないんですけれども、もう、この映画を観ていてね、愕然としました、このタイミングで観ていることを。

 

「これは、私か!?」

 

・・・などと思ってしまいました。

 

つまり、その、わたくしのこのごろの状況と、ものすごくシンクロしていると感じてしまったわけです。もう、他人事とは思えませんでした。いや、決して重い意味ではなく。

 

私は、亀岡拓次ほどの優れた仕事はできていないと思いますし、このままではいけないとあせっているあたりは異なると思いますが、先の見えなさ具合とか、それ以外にも色々・・・。

 

雨に打たれながら、バイクで走るあのシーン。ものすごく、ものすごくあの気持ちがわかるんだよなぁ。・・・つまりは私も、似た類のことをやってしまったから・・・なんて(笑、いえ、〇〇〇はつけませんでしたけどね!)

 

ホント、なんだこのシンクロは!? とただただびっくりした次第です。

 

ラストシーンがもう、そうそうそうなんだよ、今まさにこんな状況なの!・・・てな具合で、茫然。思っていたのとは違った形で、それでもかなったその先で――ってね。最後のあの方の台詞が、ほぼほぼこのごろ自分に言い聞かせている言葉で(カメタクと違って、そう言ってくれる方がいないからね)

 

ああ、まったく、今あらためて自分の状況を見せつけられて終わった感じでございました。

 

・・・なんて書くと深刻めいていますが、大変楽しい映画だったのですよ。

 

しっかし、どうしましょうかねぇ、カメタクさん・・・・・・。

 

年明けから、暇を見つけては安田さんのインタビューが載った雑誌を追いかけていました。だからおおむね、話の筋や解釈も読んでいましたが・・・。

 

それにしてもこの作品が映画としてほぼ全国公開され、好評を得ているということは、カメタクのような、もっと言えば、カメタクにかなりのシンクロを感じてしまう私のような人間は、世の中に結構いるのかもしれませんね。

 

うーん、私などまだまだですわ。がんばらねば。ゆっくりでも、歩かねば。

 

とりあえず、私はまたも好きなところへ行きます。もうこれを最後と思いながら、いつまでもこんな生活を続けるのかもしれません。

 

まず23日から、東京で『Eternal Chikamatsu』。

それから、実は、その前に北海道にも行くことになりました。ええ、『HAUNTED HOUSE』チケットが取れました!

舞台を観て、生ハナタレナックスも観て、おいしいものを食べて、そしてレンタカーでドライブしようと思います。

 

はははっ、もう好きなところへ行ってやるぜ! お金がないとか、地に足をつけて生きなきゃ、とか、またもそんな問題は棚上げしますぜ! 思えば将来設計とか、人生で一度も考えたことがなかったけれど、好きなことだけはやってきました。もう一人でいたくないってくらい満喫してやる意気込みで、旅をしてこようと思います。

 

でもよく考えたら、二泊以上の一人国内旅行は初めてかもな。東京とか大阪には何度か行ったことがありましたが、一泊だけとか、家族や友人が一緒とかだったなぁ。

 

楽しんでこようと思います。

 

・・・もちろんその前に、仕事をします。ありがたい仕事ですよ、本当に。やりがいというか、喜びというか、上手くいかないこともたくさんありますが、それでもこの引きこもり傾向の私に、人と関わるすばらしさを教えてくれた仕事です。

 

あー、うん、好きだ、やっぱり。

 

もっとできるようになりたい。

 

そのためにも、ちょっと息抜きしてきます。

 

これからどうするかもちょっと考えながら、無理せずのんびりしてきます。

 

でも、ホント、いい年こいて、自分探しの旅なんてなぁ・・・(苦笑)