読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A.Banana.S

古代ローマ、ナックス兄さん、ドートマンダー・・・好きなことをぽつぽつと。

ステップファザー・オクタヴィアヌスとビッグなダッディー・アントニウス

宮部みゆきさんの『ステップファザー・ステップ』が、人生で最も愛する本の一冊なのですが、そこでちょこっと妄想。

 

~ステップファザー・オクタヴィアヌスとビッグなダッディー・アントニウス~

 

ある夏、通りがかった一軒屋で、美人妻リヴィアに一目ぼれしてしまったオクタヴィアヌス。なんとか声をかけたいと連日家の前の電柱にもたれて待ち構えるが、暑さにやられ、ダウン。そこへやけに大人びた中学生ティベリウスが帰宅。病人を家に入れ、てきぱき介抱。弟の小学生ドルースス、自分のかき氷にするはずだった氷を、優しくも行き倒れの男のために使う。

回復したオクタヴィアヌス。しかし目当ての人妻リヴィアはなぜか夫ともども失踪。リヴィアが帰ってくるまで、子ども二人の父親を務めることに。

オクタヴィアヌスが南の海(史地里亜沖)で行方不明、異里里亜の山で橋から転落、ドルーススが隣家の末娘アントニアに初恋、ティベリウスが学校で転落事件を解決、など事件が起こるが、おおむね平穏に暮らす(どこがだ)。

やなせの親父役はアグリッパ、画聖はマエケナスで!

そんなある日、三人が仲良くリビングでテレビを見ていると、バラエティー番組でなんか見たことある家が紹介されている。驚くなかれ、隣家ではないか。

隣家にはオクタヴィアヌスの姉オクタヴィアが住んでいるのだが、そこでとんでもない事態が放映されていた。

前夫の子一男二女、現夫との子二女、現夫の前妻の子二男、現夫の現愛人の子二男一女、現夫の現愛人の前愛人との子一男、計十一人の子を抱え、苦労しているどころではない姉。だが現夫のアントニウスは妻子をほっぽりだし、愛人クレオパトラと名異留川で連日連夜どんちゃん騒ぎ、遊び放題――

この日は久しぶりにダッディ-がご帰宅。あんな夫なのにかいがいしく世話を焼く姉の姿に、ついにオクタヴィアヌス大爆発。

隣家に殴り込む。生放送だったらしく、テレビ画面にも殴り込む。

「姉さん!こんな男とは別れてください!!!」

かくして現代によみがえるアクティウム・・・・・・

 

 

失礼いたしました~!しかしこれならビッグなダッディーじゃなくてビッグなマミーだな・・・

 

 

ステップファザー・ステップ (講談社文庫)

ステップファザー・ステップ (講談社文庫)