読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A.Banana.S

古代ローマ、ナックス兄さん、ドートマンダー・・・好きなことをぽつぽつと。

古代ローマ皇帝たちのホロスコープ

石井ゆかりさんの占いが大好きで、日々こっそり通っています。著書も何冊か購入し、ど素人ながら、「ほうほう、この部屋にこの星があるとそんな意味が・・・」などと考え、独り悦に入ってきました。

 

そこで考えたわけです。古代ローマ皇帝たちのホロスコープはどうなってるの?

 

そこで、MyAstroChart様(http://www.m-ac.com/index_j.html)にお邪魔しました。

 

なんだが個人情報を盗み見ているみたいで少々恐縮なのですが、アウグストゥスは自分の星位に自信を持ったあと、それをコインに刻ませて発行させた人です。ティベリウス天文学者(古代では占星術師でもある)の友人に囲まれて暮らしていた人です。たぶん、許してくださるでしょう。

 

以下はど素人の無責任な考察です。誤りもあるに違いないのであまり当てになさいませんように。

 

アウグストゥスの生年月日は、前63年9月23日、とされています。現代で考えれば太陽星座が天秤座となるのでしょうが、そこは古代、しかもユリウス暦導入前です。コンピュータで計算してもらったところ、彼は太陽星座・乙女座でした。思ったよりずれていなかったですね。アセンダント(生まれた時間に空に昇ってきた星座)は山羊座だったと言われ、コインに刻んだのも山羊座のようです。

 

彼は乙女座に太陽と水星、山羊座に月、牡牛座に火星と土星があるようです。幸運の星と呼ばれるユピテル―つまり木星は蟹座に。

 

ど素人の目にですが、かなり派手な星位に見えます。いわゆる地の星座に星が多くあるのが特徴的ですね。ひょっとしてこれ、地のグランドトラインというものでは・・・?

 

伝わるところでは、アウグストゥスは若かりし日、親友アグリッパと星占いをしてもらいに出かけたそうです。先に占ってもらったアグリッパが、当時はまだ一介の軍団兵だったのですが、とんでもなく壮大な運命を予言されました。それでアウグストゥス(当時はオクタヴィウス)は、自分の運命がアグリッパに劣ることを怖れ、生年月日を占い師に教えようとしませんでした。しかし占い師はやれやれとばかりになんとか生年月日を聞き出し、星位を計算し、そしてたちまちアウグストゥスの足下にひれ伏したそうです。

 

これがそのときの星位かと思うと感慨深いですね。現代の専門家の方はどのように解釈されるのか、知りたいところです。

 

さてさて我が愛しのティベリウス様は・・・

 

生年月日は前42年11月16日、ローマ生まれ。

すでにユリウス暦が導入されていたので、太陽星座が蠍座であることは間違いないでしょ う。

 

情報を入力。

 

 

んんん!!!???

 

 

天秤座に月と金星、山羊座土星牡羊座木星、蟹座に冥王星――

 

これ、カーディナルクライマックスというやつじゃないですか!? 今年の4月がピークだったという、活動宮のグランドクロス! いや、もちろん、私の目なので、多少のズレはあるでしょうが・・・。

 

古代では冥王星は発見されていません。だから十字型のホロスコープティベリウスも彼の友人トラッシュルスも見なかったでしょう。しかしそれにしても・・・

 

今年はアウグストゥスが没し、ティベリウスが帝位についてちょうど2000年目の年です。そこでこの星位が起こるとは・・・星占いを全面的に信じているわけではない私ですが、これにはなにか、それこそ運命的なものを感じて、今かなり興奮しています!

 

ほかの皇帝たちのホロスコープも覗いてみようと思いましたが、ひとまず今日は落ち着かないので、このへんで!

 

 

星読み+

星読み+